<<前の10件 | 1 | ... | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | ... | 211 | 次の10件>>
大安禅寺

本日は関西方面より雨でお足元の悪い中、坐禅と写経の修練体験に多くの方々が御来山くださいました。
皆様、会社の団体旅行でお越しくださり、大安禅寺での修練体験を楽しみにされているようでした。



皆様、坐禅の足の組み方、写経の小筆の持ち方、正しい姿勢の保ち方どれも普段からは慣れる事が難しいことに戸惑いながらも修練体験を楽しまれていました。


そして最後に、副住職の法話をお聞きになり、和やかな雰囲気のお堂の中は笑顔がいっぱいでした。
お帰りのバスの駐車場まで御送りした際も、修練体験・法話を話題に話されているようで…。
「家に帰ってからも、坐禅の呼吸を試してみようかな」という一言を聞くことが出来、嬉しい限りでした。
皆様にとって、当山での体験がより良い生活・仕事をするための気付きのきっかけになりましたら幸いです。

(職員 加藤)



|2018,09,08, Saturday 06:37 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
大型の台風の影響が心配されましたが、先日 関東圏の中学生の皆様が修学旅行の一環で坐禅体験に来られました。


まずは、当山副住職によりお寺と坐禅の説明がされました。
座布団の準備から自分達で行い、皆様初めてのことに戸惑いながらも説明をしっかり聞いて挑戦されていました。

呼吸を整え 姿勢を正して 時間いっぱい坐る。
”足が痛い”や”しんどい”、“時間が長く感じる”などなど 普段とは全く違う体験に様々な声も聞かれましたが 一生懸命坐れていました。

大安禅寺では、坐禅や写経といった禅体験を行なっています。
子供さんから大人の方まで。遠足や学習体験、研修としてもご利用いただいております。
個人の方向けの会も開催しておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

(事務局 岩佐)


|2018,09,07, Friday 04:48 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は、北陸朝日放送株式会社の相談役であります古田様方がお越しになり この秋の招待旅行にて大安禅寺を検討くださっているとのことで その相談と会場の下見をされました。

「玄峰和尚の生き生き法話」と昼食に「精進料理」を検討とのことで、所要時間や催行人数、休講日などの各確認をされ、今後の調整をされていました。


その後、お客様が御来山された際の流れや場所の説明を聞きながら実際に確認され、あわせて副住職によるお寺の説明もされ その歴史の深さを興味深そうに聞かれていました。

大安禅寺では秋の拝観のご予約やお問い合わせを随時受け付けております。
お気軽にお電話下さい!

(事務局 岩佐)


|2018,09,06, Thursday 04:26 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

 今回の台風の影響は非常に大きいもので、境内には無数の落ち葉と、折れた枝が散らばっていました。南の庭「阿吽庭」の被害も大きく、両手でも抱えられないような木の枝が折れていました。
そんな中、世話方様のお力を借り、境内の復旧作業にかかりました。午前中いっぱいかけて当山の境内がやっと綺麗になりました。本日は、世話方様に御助力いただき誠にありがとうございました。
 台風の影響はまだ残っており作業を続けなければいけない部分もあります。
 もう、一頑張り。秋の拝観シーズンに向け、復旧を急ぎ行います。





(職員 加藤)



|2018,09,05, Wednesday 06:06 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

 本日、台風21号の及ぼす影響を考え、恐れ入りますが拝観業務を休ませていただきます。
また拝観予約などの事務局電話対応は、午前中一杯とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

(大安禅寺事務局)







|2018,09,04, Tuesday 09:19 AM |
 
大安禅寺

大安禅寺
大安禅寺では、今月9月23日(日)に「秋季彼岸会・放生会」が執り行われます。
先日その役員会が行なわれ、行事の流れや前日の準備等の確認がされました。



写真は昨年の様子。前日には当日お供えされるお餅をついたり、法要後にそのお餅を配ったりしますので、確認作業も細かくされていました。

この「秋季彼岸会・放生会」では、皆様のご先祖様のご供養をはじめ 生きとし生けるものへの感謝の意を込めて“魚供養”が執り行われます。




また、「放生(ほうじょう)という言葉は殺生を戒めた原始仏教にまで遡り、具体的には捕らわれの生類を放して逃がし(生かして)あげる行為とのことです。
日本では江戸時代に庶民の生活にも広がり、近年ではペットの供養という意味合いも持つようになりました。
ぜひお彼岸中は、「生かされている」ということに改めて思いを馳せ また「感謝」の心を大切にしていただけましたら幸いです。
9月23日(日)当日は檀信徒の方に限らず、お申し込みいただいた皆様のご先祖様のご供養を行ないますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

(事務局 岩佐


|2018,09,03, Monday 03:27 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
9月になり、真夏の暑さも少し落ち着いたように感じられます。
本日は愛知県と兵庫県より団体のお客様がお越しになり、午後からの法話コースに参加されました。

初めて来られた方も多くいらっしゃいましたが、中には今回で5回目のご来山の方や住職の代の法話コースに参加したことのある方もいらっしゃり、久しぶりの拝観や和尚様の法話を楽しみに来られたそうです。


「“水や氷とへらつれど とくれば同じ谷川の水” 形は違えど解けてしまえば同じ。私達の心もそうです」
身近な出来事や最近のニュース、様々な詩を例えに話される法話に 皆様大きくうなずきながら聞かれたり、また ユーモアを交えたやりとりに思いっきり笑ったりと あっという間の時間を過ごされました。
「今回も良いお話でした。ありがとね」お帰りにはスッキリと晴れやかな笑顔でお声をかけてくださいました。

明日は特別時間での催行となり、15時からの法話コースが行なわれます。
当日でもかまいませんので、ご希望の方はお気軽にお電話下さい。

(事務局 岩佐)


|2018,09,02, Sunday 03:40 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

 大安禅寺は境内・寺内ともに広く、本堂も大きく、和尚様方の法話となると、毎回そのお堂から人が溢れんばかりの満員となります。多くの方々に御来山いただき、そしてその皆様との御法縁を結ぶことができ嬉しい限りです。



 その本堂の丁度、となり南側に「御成の間」という部屋があります。この部屋は当山を創建されました松平光通公が登山された折に、お入りになられたお部屋で、部屋の奥にある大きな達磨様の掛け軸は狩野元昭の作による「八方にらみの達磨」と言われています。どの方向から見ても自分を見ているように描かれていることから、八方にらみと言われています。


この「御成の間」は歴代福井藩藩主。お殿様だけが入ることのできるお部屋ということです。皆様、ぜひ当山の御参拝の際には「御成の間」も見学いただきお殿様気分を味わって頂けましたら幸いです。

(職員 加藤)



|2018,09,01, Saturday 03:46 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
8月最終日の本日、この間行なわれた精進料理の撮影と副住職へのインタビューが掲載された 9月1日発刊の「福楽 秋号」を地元出版社の方がお持ち下さいました!

今回は、「幕末明治150周年 福井市特集」と「味めぐり・まちめぐり 歴史の街でおもてなし」にて大安禅寺を取り上げてくださいました。

大安禅寺は福井藩4代目藩主・松平光通公が建立されたお寺で、福井を治めた歴代藩主 そして越前松平家を永代に祀るお寺です。
当山裏山には 歴代藩主のお墓所である「千畳敷」があり、高さ約4メートルの墓石の姿は圧巻。これから行楽日和を迎えますので、お参りの際は ぜひ足の伸ばしてみてください。

また、皆様より大変ご好評を頂いています法話コースや精進料理も紹介されており、歴史散策とあわせて楽しんでいただけましたら幸いです。
いずれも予約が必要となりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

他にも多くの歴史深い名所や魅力あふれる場所が紹介されています。
ぜひ、お手にとってご覧頂き 身近な歴史・文化に触れる「秋」をお楽しみ下さいませ。

(事務局 岩佐


|2018,08,31, Friday 03:25 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
8月もまもなく終わり、朝方や夕方では少し涼しく感じられる日も多くなってきました。
境内では、世話方様によるこれからの整備が始まり 本日はアジサイの剪定と冬の間 枝が折れないように まとめてヒモでくくる作業を進めてくださっていました。


また、必要な道具の確認もされており、、木々や生垣の剪定雪囲いなどこれからの作業を 広い境内ですので、早めに少しずつ行なわれていくとのこと。
いつも誠にありがとうございます。何卒よろしくお願いします。

(事務局 岩佐)


|2018,08,30, Thursday 04:53 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | ... | 211 | 次の10件>>