<<前の10件 | 1 | ... | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | ... | 163 | 次の10件>>
大安禅寺
福井に居るからこそ、知らないまた行ったことのない名所って皆様ありませんか?日本には多くの観光名所は勿論、隠れざる名所というものもあります。福井だけでも探せば幾らでも出てきます。

大安禅寺に初めて訪れる県内の方も「こんな素晴らしいところが福井に有ったんだぁ」と驚きの声で言われます。日々新しい発見をすることは、いい刺激にもなります。

初夏の大安禅寺は特に美しいです。新緑の青々しさ、清風が吹き込む境内、アジサイと菖蒲が咲揃えば一段とその趣は増します。そして何よりもメインは大安禅寺というお寺自体です。350年という歴史が私たちに与える「人の心」の形はお参りするだけでも魅了される何かが有ります。

それもそれぞれの価値観一つで変わってくるものですが…。

是非、一度喧噪の世を離れ大安禅寺という橘曙覧がこよなく愛したこの地を訪れてみては如何ですか?



|2013,06,06, Thursday 05:46 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は花菖蒲祭5日目。菖蒲はただいま咲き始めです。今日来られた方は「CM見て来ました。」とのこと、申し訳ありません…。祭りは開催中ですが、菖蒲はまだ満開ではありません。見頃は、例年通り中旬を予定しております。菖蒲とアジサイが咲揃う素晴らしい時節にお越しくださいませ。しかし、現在の新緑も美しい限りです。


連日法話は続きます。今日は福井県は高浜と石川県から来て下さいました。巡礼の方は東京から、本当に有難うございます。法話希望の方は、必ず催行予定を問い合わせてお越し下さいませ。


|2013,06,05, Wednesday 05:36 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
花菖蒲祭期間中は「華展」を開催しております。現在は未生流福井支部の皆様です。6/7まで展示中ですので、是非お越しくださいませ。



|2013,06,04, Tuesday 05:57 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
連日、新命和尚の法話を聞きに県内外からお越し下さっています。是非興味ある方はお越しくださいませ。その時は、前もってお寺にお問い合わせ下さいませ。



|2013,06,04, Tuesday 05:47 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
美しい風景が毎日楽しめる大安禅寺。菖蒲の花はまだまだ咲き始めですが、祭り期間中の大安禅寺の雰囲気は抜群です。
境内のお茶屋(溪仙舎)では軽食からお飲み物なども楽しめますので、是非大安禅寺にお茶しに来ませんか?





|2013,06,03, Monday 05:27 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
★ここをクリックして下さい★

|2013,06,03, Monday 01:30 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
≪北陸三十三ヶ所観音霊場巡り公式サイトはこちら≫



全国津々浦々に霊場と呼ばれるところ多く在り、四国・西国はその代表でありますが北陸の観音霊場も素晴らしい霊場です。大安禅寺は当霊場の10番目のお札所です。以前NHKの金トクなどでも紹介されるなど、昭和生まれの新しい霊場ですが観音信仰が篤い北陸特有の寺院を巡ることができ、現在注目を集めています。
そこでこの度、当霊場の公式サイトが誕生しました。見やすく解り易く、アクセスの仕方なども掲載されているので御笑覧下さい。そして、是非一度は巡礼の旅に出かけてみては如何でしょうか?

|2013,06,03, Monday 08:08 AM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日の催しは無事終わりました。多くの方が参拝下さり盛況のうちに終わりました。
11:30頃 猿舞座 「猿まわし」 場所:境内
終日   表千家お茶席     場所:寺内松雲の間
新命和尚の法話には200名以上の方が聞きにお越しくださいました。

今日一日の様子を写真でご覧下さい。まだまだイベントが続きますので是非お越しくださいませ。




≪猿まわし≫



≪お茶会~表千家吉田社中~≫


≪新命和尚の生き生き法話≫



|2013,06,02, Sunday 06:05 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は「花菖蒲祭」一日目。咲き始めた菖蒲も有らば、一所懸命に花を開こうと踏ん張りながら育つ菖蒲の姿。どれを見ても美しいものです。

「散る桜 残る桜も散る桜」とは良寛和尚の有名な歌ですが、人間誰しもがやはり満開の花を見たいものです…。

しかし、私たち禅の観点は違います。今を生きるところ、今を生き抜くところです。咲くも咲かぬも本質に変わりはありません。ならばその心とは…。

その続きは是非、大安禅寺で「新命和尚さんの生き生き法話」を聞くとよく分かるかもしれません。


さて今日は新命和尚さんの法話でなく、住職の特別法話の話題です。今年に入ってから、住職と新命さんへの法話依頼の問い合わせが多いように感じます。それも時代が「心」を求めているという傾向でしょうか?
今回ご依頼いただいたのは、福井のアロックサンワ様です。大きな会場に、200名様ほど聴講者が居られたでしょうか?皆様、真剣な眼差しで聞き入っていました。

法話の演題は「勝 ~自己の主人公に目覚める~」です。一般的に「勝」という言葉は勝敗を決めるなど勝ち・負けのイメージが強いですが、禅的観点からは違います。「自由自在・無限大」など大きな意味を持ちます。
深みある人生を歩むためには、己の主人公に目覚め、そこから主人公の可能性を自ら引き出す力をつけることが、我々の「勝」というイメージです。言わば相対するものがない、無心の境地です。

住職は1時間という短い時間の中で、世情の話題、時事の話題を用いて解り易くその「主人公に目覚める」重要性を話されていました。今回の法話が、出来れば若い世代の皆様にとって「自己の主人公に目覚める」切っ掛けになってくれれば幸いです。

アロックサンワ様、この度は御法縁賜り誠にありがとうございました。



|2013,06,01, Saturday 06:30 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
いよいよ明日から、大安禅寺の第30回「花菖蒲祭」が開催します。祭の成功を祈り、準備に準備を重ねて日々を送ってきましたが、一番の願いは当祭に関わる全ての人が健康で何事もなく一カ月を終えられることです。
気を引き締めて明日から一カ月の長丁場、頑張っていきたいと思います。それに準じ、わが心を整えるが如く南の庭の石庭の砂紋を引きなおしました。



大安禅寺
|2013,05,31, Friday 10:35 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | ... | 163 | 次の10件>>