<<前の10件 | 1 | ... | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | ... | 180 | 次の10件>>
大安禅寺
皆様は「認知症カフェ」のいう言葉をご存知でしょうか?実際、私自身はこの活動を企画している里裕一様にお会いするまで全くもって知らないに等しいものでした。

「認知症カフェ トマリギ」とは?

厚生省が全面的に推し進める「認知症カフェ」(認知症の人と家族、地域住民、専門職等の誰もが参加でき、集う場)の普及など内容の充実等を図るもの。

こういった活動は実際、全国的にもまだ20数ヶ所しか開催されておらず、現在は病院や施設が主体であり、医療者が中心となって実施しているのが現状だそうです。
そこで看護師である里様は、もっとこの活動さえも身近なものとして普及させたいとの願いから「トマリギ」というバリアフリー認知症カフェイベントを企画されています。

そして、そのイベントで私に法話をして欲しいとの依頼の為に里様は度々お寺にお越し下さっています。
またとても熱意のある方で、企画内容の説明の中ででも「人の心を笑顔」にする。「自分の宝探し」をするなど、里様が掲げるコンセプトは私も強く同意出来る部分が多く協力させてもらうことになりました。




「トマリギ」という名前の由来も素晴らしく、誰もが訪れやすい、立ち止まって 認知症に関心をもってもれるようにとのこと。
形式的な世の中に「心」を全面に出しながら、且つ信念も企画内容もしっかりしたビジョンを持った企画なので説明を受けながら私自身学ばせて頂きました。
私の法話が少しでも何かの足掛かりになるように精進精進。

来月号の地元紙月刊URARAなど他の広報にも掲載予定ですので、是非ご覧ください。イベント実施日程は下記の通りです。よければ皆様も認知症についてもっと勉強しませんか?

イベント:第一回 認知症カフェ「トマリギ」
日時:平成25年9月21日(土) 
    AM10:00~PM4:30
場所:AOSSA1階 エントランス
料金:無料
問い合わせ:福井キャラバンメイト090‐2245‐7864

(大安禅寺新命)


|2013,08,23, Friday 04:20 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日の大安禅寺は法話に次いで法話の一日でした。
住職は木曜法話会、私は公民館館長の団体様と毎年恒例の青ニ塾大阪校の皆様の法話がありました。

大安禅寺を法話のお寺として確立したのは住職です。私も僧堂から自坊に戻って早5年住職の法話を受け継いで、恥を晒しながら法話をさせて頂いてますが人の前で話をさせて頂ける、また聴聞して下る人が居るということは幸せこの上ないことです。

≪木曜法話会≫
この木曜法話会も30年が経過しております。住職が毎月継続してきた法話会でありますが、経年の中で多くのご縁が生じこのお寺を支えているものでもあります。
住職は金沢寳勝寺にも現在、頻繁にいかれておりますが活動の場をさらに広げながら法話や坐禅指導を通して新たなご縁がその土地で生まれていくことでしょう。
そしてそのご縁がまた寳勝寺を支えていく、お寺は住持する和尚さんで多様なものへ変化していきます。ゆえに自身が魅力かつしっかりした僧侶でなければいけません。
私も常にそのことを念頭に置きながら日々を過ごしています。


≪青二塾の皆様≫
毎年恒例の青二塾の皆様が今年もご来山下さいました。(青二塾大阪校の詳細はこちら⇒http://www.aoni.co.jp/osaka/)
法話前には社長様、塾長様と住職が歓談されました。お付き合いも約20年になり、私も今年で4度目の法話になりますが、いつになく力が入るのは歳が近いからかもしれません。


青二塾は日本でも有数の礼儀を一番重んじている学校だと思います。ゆえに生徒様は全員が礼儀正しく、一挙手一投足に自身の誇りさえ感じます。
そんな皆様に未熟者の私が法話をさせてもらえるのだから貴重な時間です。


皆さんの聴聞下さる姿勢も素晴らしい、誰一人下を向いている子は居ません。全員が興味を持って耳を傾けてくれるのですから話すこちらとしても、熱をだんだん帯びてしまい感情法話になってしまいがちになるのを押せるのに必死です(笑)。

これからの時代を担うのは私たちです、しかしそれを実感出来ていない我々世代は五万と居ます。ですから私が伝えたいことは一つ。本当に自分を常に観じて生きてほしい。それができれば本当の強さが解ります。生きていることを実感し、そして生かされている自分を実感する。自分の人生を自分が生きていることの当たり前を心から納得するよう体現してほしいものです。まぁ相当自分も含め苦労しなければ解らないことですが。


無事法話も終わり、伝えたいことがまだまだあるなぁと反省もしながら皆様を見送りました。しかしこれで最後ではありません。嬉しいことに明日は青二塾様の合宿に私も直接参加させて頂けることになりました。今から楽しみで仕方がありません。その報告は後日…。
(大安禅寺新命)


|2013,08,22, Thursday 05:31 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日も蒸し暑い一日となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
山寺、大安禅寺でもクーラーなしではつらい毎日が続いております。皆様、熱中症などには十分お気お付けくださいませ。

さて大安禅寺では、海外からのお客様が連日ご来山されております。
昨日からは住職の親しい友人グリフさんの娘さんエミさんがフィアンセとご来山されました。暫く日本中を旅行されるそうです。出発の時に新命和尚と記念撮影。

御住職、そして新命和尚のお人柄は海外の方にも愛されているようです。
(職員・小形)


昨日、金曜坐禅会の渡辺様がご友人を連れて遊びにお越しくださいました。それも埼玉県から日帰りに近い旅行でとのこと、驚きですぎょ
なんでも坐禅の話になり、これは是非大安禅寺へ行かなければと、渡辺様に促されて来られたそうですが、来て早々私が一方的に駄弁を弄しておりました。


その後は、ちゃんと御堂にて30分ほど坐禅を実践。短い時間でしたが良い経験ができたとおっしゃって下さり、少しはお役に立てたかと(笑)地元でも坐禅実践を継続することを伝えお別れと成ったのですが…。

最近よく思うのですが、大安禅寺は触れ合いのお寺で「触れ合っ寺」です。様々なご縁を結び、私自身も日々いい刺激を受けています。
その刺激は特に「心」を養ってくれます。しかし、自分自身から聞く耳というものをまずは持たなければ始まりません。固定概念に凝り固まった思考の先に、決して成長はありません。
これからも、色んなご縁を頂きながら成長したいと思えた出会いでした。

(大安禅寺新命)


|2013,08,21, Wednesday 10:31 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
皆様おはようございます。

二日間お休みして申し訳ありません。また今日からUPしていきたいと思います。

さてこの二日間は色んなお客さんが大安禅寺へお越しくださいました。フランス、アメリカ、埼玉に地元と皆様、遠路はるばる色んな再開また出会いに胸が熱くなります。
今日からはまた法務に事務、秋の拝観の準備など忙しい日に戻ります。

さて暑さに負けず頑張っていきましょう。
(大安禅寺新命)


|2013,08,21, Wednesday 07:50 AM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日も相変わらず暑い一日を迎えております。しかしながら、お寺は街中に比べればまだまだ涼しいらしく、来られる方皆さんが口をそろえて「涼しい」とおっしゃいます。

ここにいる者には、結局暑いのですが(笑)渦中に居る人間は駄目ですね、そんなありがたい環境に置かれていることさえも解らないではいけません。
そこで日々修行です。今日は「早朝写経」の日でした。昨年から始めた写経も徐々に有り難いことに参加者が増えています。


今日は写経前の坐禅にも重点を置きました。特に呼吸方法です。坐禅の基本呼吸は「数息観(すそくかん)」です。簡単に言えば数を数えながら呼吸を整える方法です。
私たちにとって普段から心掛けるべきは良い環境づくりです。生活の環境は勿論、自身の体の環境づくりも大切です。なぜならそれは心の環境に繋がるからです。
と言っても難しいものですが、写経や坐禅はお寺で実践するのがベストです。皆様も是非、今度から参加してみませんか。


今日参加下さった皆様素晴らしい集中力でした。解りやすく継続できるようにご指導しますのでお気軽にお問合せ下さいませ。


お盆明けから懐かしいお客様が連日お越し下さってます。

(大安禅寺新命)



|2013,08,18, Sunday 02:02 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
さて今日は私の念願でもありました「ヨーガ」を実施しました。全国的にお寺でヨーガは実践されていますが、大安禅寺でも定期的に会を設けたいと考えていました。そこで出会ったのが木下先生(詳細は催し案内を参照ください。)

日々いろんなご縁に驚かされますが、木下様との出会いも私にとって嬉しいご縁でした。そこはまたの機会に話すとしまして、今日はその木下様のお知り合い、また当寺へ申し込みがった方数人ですがお試し体験といった形で「ヨーガ教室」を開きました。

会場は枯木堂、時間は1時間ほど。解りやすく、初めての私も良い刺激+良い学びが多くありました。


「無理をせず自然体で体を整え安定に持っていく。」この木下様の言葉は深い。本当に集中している状態とは何か?これを実践の中でわかりやすく、また実際自分自身もヨーガを通して知れる。勿論、一回で理解できるようなものではありません。継続し教理の方面からも見性することが大事だと感じました。

是非、今後木下様と組んで面白いヨーガ&坐禅の体験教室を企画したいと思います。
その後は書院にて茶礼と雑談。様々な意見を聞くことが出来て刺激をもらいました。


≪御来客様≫
今日は嬉しい出来事がもう一つ。今年の四月頃に会社のご旅行でお越し下さった、辻本様御一家が再来山下さいました。
辻本様の会社は鹿革専門の会社で、先般お越し下さった際、当寺の大鈴のバイを「志」で修復下さったのがご縁です。

今日はご家族で奈良県から遠路はるばる来て下さり、色んな話に花を咲かせて楽しい時間を過ごしました。また是非皆様でお越し下さいませ。

このお寺はいろんなご縁が生まれるお寺です。感謝感謝。
(大安禅寺 新命)


|2013,08,17, Saturday 04:30 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
昨日の慌ただしさが嘘のように、今日は個人の方の拝観に参拝とのんびりとした雰囲気がお寺には流れています。相変わらず暑いけれども、蝉の声がいつもよりゆったりとしているような…。

玄関の朝顔も元気一杯に咲いています。


先般、地元中学校の生徒様が私のところに夏休みの宿題の「研究新聞」の取材に来ました。
題材は勿論私、「高橋玄峰」…。

というつまらない冗談は置いといて…。大安禅寺の歴史やその由縁を取材に来てくれました。一時間程の時間でしたが、熱心に私の話を聞いてくれるので嬉しかったです。


そして何よりも嬉しかったのは、実はこの生徒様は小さい頃からお寺に遊びに来てくれていた子だったので、中学生に成って素晴らしく成長した姿に感動したことです。
私も京都から戻って早くも5年が経過しました。子供たちに負けないよう、自分自身に喝を入れながら日々精進したいと思います。

(大安禅寺新命)


|2013,08,16, Friday 04:03 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は大安禅寺の「盂蘭盆大施餓鬼会」でした。多くの檀信徒様がご家族でお越し下さり、ご先祖様のご供養にお香を手向けて下さりました。

形式的になりがちの現代ですが、お盆の季節を迎える頃には、多くの方がお寺や墓所へと今もなお足を運び手を合わせる様子を拝見していると嬉しい気持ちになります。何故ならば「人の心」が生きていることを実感するからです。

ご先祖様とは言わば、自分の存在意義でもあります。この自身の命は何億年という月日の中で繋がられてきた命です。
それは壮大かつ尊いものです。この世にポッと出の命など決して一つも存在しません。そこを実感し知るには、あらゆる条件が必須となりますが…。
その命と繋がりを見つめ直すことが供養です。生きることへ、生かされていることへの感謝を供える行為が供養です。
その心を伝え教えていくことが、私たち僧侶の役目でもあります。その為には、私自身も日々自問自答の中にいなければいけないと思っています。考え思い、感じまた考え学ぶその繰り返しです。

さて、それはさて置いて今日のお盆法要の様子です。150人近くの人が御来山下さいました。


堂内には部内ご寺院様の読経の声が響き厳粛な中で進められました。法要引き続き「花園霊苑合同慰霊祭」も執り行われました。




また今日は御斎(昼食)の際、臨時総会が開かれました。住職兼務の寳勝寺の件と大安禅寺修復事業の件でした。詳細についてはまた来年の総会本会になると思いますが、皆様拍手を持ってご賛同を頂けたこと心より感謝申し上げます。

(大安禅寺新命)


|2013,08,15, Thursday 04:25 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
明日8月15日はお寺の大事な年中行事、盂蘭盆会が行なわれます。 御家族が大安禅寺に一同に会し、揃って御先祖様のご供養を行う大変意義深い行事でございます。 今日の大安禅寺は、朝から明日の準備で大忙しでした。
皆様どうぞ明日はご家族揃って御供養にご来山くださいませ。
(職員・小形)


|2013,08,14, Wednesday 05:19 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
ここ二日間ほどサーバーの不具合で大安禅寺HPが閲覧出来ない状態であったこと陳謝致します。
また昨日の記事などは、今日まとめてUPする予定ですので宜しくお願い致します。

大安禅寺 事務局


|2013,08,14, Wednesday 08:11 AM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | ... | 180 | 次の10件>>