<<前の10件 | 1 | ... | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | ... | 211 | 次の10件>>
大安禅寺
お寺の抹茶碗と言えば、天目茶碗ですね。うちにも良いのが欲しいなぁと思っていたところ、今年の六月にご縁を頂いた越前焼竜仙窯の岩間様に焼いてもらうこととなりました。約30個素晴らしい天目茶碗を納品して頂きました。一つとして同じものは無く、それぞれの良さを感じます。早速明日のお客様に使わせ頂きます。

(竜仙窯 陶歴)
岩間 竜二
・昭和51年越廼生まれ。平成3年宗倉稔氏に師事。平成3年~6年県美展入選。平成19年独立 越前町江波に開窯。平成22年伝統工芸士に認定される。


《砂防ダムの打ち合わせ》

お寺の裏山は土砂崩れの危険区域に指定されています。皆様もご存じの通り全国各地で土砂崩れの被害が絶ちません。それに先駆けて、県の事業でここにも塞き止めの砂防ダムが建設されることになりました。工事はまだまだ先ですが、その工事段取り並びに工機などを運ぶルートを確保するためにやることも沢山あるようです。昨日その打ち合わせを致しました。


(大安禅寺副住職)



|2013,11,07, Thursday 04:27 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
※拡大は画像をクリックして下さい。

来る12月7日(土)午前11時から認知症カフェ「トマリギ」を卑山において開催いたします。当日のみ無料開放にもなりますので是非興味ある方、認知症について悩まれている方、ご家族の方はお越しくださいませ。お問い合わせはチラシにございます、電話番号までお気軽にお掛け下さい。

またこの日は、本格的な精進料理懐石が気軽に楽しめるコースもありますので、ご家族ご友人お誘いあわせの上お申し込み下さいませ。(完全予約制)

《認知症カフェ「トマリギ」とは?》
一日限定のカフェ『トマリギ』は認知症の人やその家族だけでなく一般の方々、誰もが気軽に立ち寄り楽しい時間を過ごしてもらい認知症についての理解を深めてもらうのが目的です。
主催者HP⇒http://www.npo-fukuicity.jp/ichiran/288.htm



|2013,11,06, Wednesday 06:20 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
晋山式とは、お寺の住職に就任する儀式であり僧侶にとって人生の一番の晴れ舞台かもしれません。卑山の住職は、私が小学三年生の頃に晋山式を挙行いたしましたが、その時の盛大な様子は今でも覚えております。

さて今回11月2日に東京世田谷にございます、龍雲寺様の晋山式があり私新命も加担並びに役僧として出頭させて頂きました。新住職に就任される和尚様は、私が尊敬するお一人、細川晋輔和尚様です。僧堂時代の先輩であり、僧侶としての見本であり、人生の良き相談相手でもあります。常に良い刺激を与えてくれる先輩の一世一代の行事ごとですから、私の気合いの入り方も違います。31日から東京に入り、微力ながら準備などを手伝わさせてもらいました。また、僧堂時代の同参の方もたくさん来られていたので、言わば会下会(同窓会みたいなもの)のような集まりになり、先輩から同期・後輩と近況など話し交せたことも本当に良かったなと思います。


準備も息の合った者ばかりが集まっておりますので、手際よく順調に進み当日本番を迎えられました。前日には、リハーサルを何度も重ね失敗が無いように入念にみんなの共通意識を詰めていきます。そして、本日には600人を超える参列者…。迫力の度合いが他と晋山式とは違いすぎました(笑)東京という大都会でこれだけの仏教行事が執り行われるのも珍しいではないでしょうか。先輩の人徳と立場を窺い知ることが出来る1日でもありました。流石です。


そして晋山式もすべての行程が、リハのかいもあり滞りなく進み無事円成することができました。この加担3日間は色々と学び、新たなる発見ができた時間を過ごせました。また、妙心寺僧堂にご縁を持てたことを改めて感謝できた瞬間でもありました。

細川晋輔和尚様、この度は本当におめでとうございました。心からお慶び申し上げます。

(大安禅寺副住職)




|2013,11,05, Tuesday 09:46 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は三連休の最終日。三連休の間は多くの方がご来山してくださり、誠に感謝しております。最終日の午前中は、新命和尚さんのいきいき法話がございました。最近は団体様だけではなく、個人様のお問い合わせが増えており、本日も個人のお客様が二組、ご法話をお聴きにご来山されました。とても楽しいとご好評いただいております新命和尚さんのいきいき法話。ぜひ多くの方に参加していただきたいので、個人でご希望の方もお問い合わせくだされば嬉しく思います。


大安禅寺の境内には立派な紅葉の木が何本もございます。現在はまだ色付き始めですが、紅葉が真っ赤に色付いたお庭を見ることが今からとても楽しみです。



(職員 小形)


|2013,11,04, Monday 01:48 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日からお寺の雪囲いが始まり、本格的に冬へ向けた準備が始まりました。
紅葉も赤く色づき始め、いよいよ寒い季節が到来するのだと感じさせてくれます。



そして本日もご法話がございました。本日のお客様は精進料理もお召し上がりになり、そこで出された「笑福豆坊主」のお豆が大変美味しいとおっしゃってくださいました。ご法話も大変楽しかったと笑顔で帰られて行きました。

(職員 小形)


|2013,11,03, Sunday 04:37 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺



本日は朝から秋晴れで、日々寒さが忍び寄ってくる気候の中、外に出ると、太陽の日差しが暖かく体を包んでくれます。
今日から、いよいよ11月。
境内では、例年より早く紅葉が始まっています。
冬を迎える準備も今年は少し早めたほうがいいかなと感じる日々です。


(職員:大谷)


|2013,11,01, Friday 02:44 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
 10月、11月は観光シーズンに伴い、連日、精進料理のご予約をいただいていますが、私達職員にとって、精進料理のお部屋に飾られている生け花を見るのも別の密かな楽しみでもあります。

 お寺の中の生け花は、当山の奥様が、ご自分で育てたり、境内に育つ草花を生けておられるのですが、今日は白い山茶花(さざんか)のお花が生けてありました。
 山茶花といえば、晩秋から冬の間に咲くと思っていましたので少しびっくり。
 境内の無心亭の生垣で、今年は晩秋が早く訪れますよとささやいているようです。

(職員:大谷)


|2013,10,31, Thursday 05:21 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は、午前午後ともに法話があり、県外よりたくさんの方がご来山されました。楽しい新命さんの法話後には、何度も拍手が沸き起こっておりました。


先日新名物として登場した「笑福豆坊主」ですが、試食された方から大変好評で、本日はまとめて4個買って帰られる方もおられました。固めの豆と、刻んだ昆布が入っており、毎食食べても飽きのこない、やさしい甘さとなっております。御来山された際にはぜひご試食ください。

(職員 小形)


|2013,10,30, Wednesday 04:21 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
近頃は、気温が急に下がり、今年の紅葉は早くなるのではと思う日が続いています。
本日はご詠歌の会員様に、大安禅寺の奥様より「お茶」の教室が行われました。
花園流ご詠歌は、ご詠歌の道具を扱う所作を重要視しており、その動きは茶道の作法が基本となっているとの事です。
穏やかな雰囲気の中にも、ピンと張りつめた緊張も伝わってきて、そのバランスが何とも心地よい空気を感じさせてくれます。


(職員:大谷)


|2013,10,29, Tuesday 05:29 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

26日より開催しておりました書道グループ展「カラフル」を本日無事終えることが出来ました。
三日間に渡って多くの方が、大安禅寺へ足を運んでくださり大変盛況のうちに終えたことをただただ有難く思っております。

今回の企画は、私自身もあらゆる葛藤があった中、デザイン会社アンテナの小林弘和様と書家西山有紀様に多くを助けてもらいながら、出来たことに先ずは感謝したいです。
「何かを作り上げていく」という作業はとてつもなくパワーを使います。昨今は、週末になると何処かしかでイベントをしていますが、似たり寄ったりで人の心が通う場所が少ないように感じます。

と生意気なことを言っても、では自分は?どうなんだ?という話になりますが。何もかも行動に移さなければ始まりません。ですから今回のこのグループ展は、私にとって大きな大きな意味を持ったものでした。


(悠久の時を超えた空間。)

現にこの期間中で学びえたこと、そして頂いた素晴らしいご縁は、更に自分の可能性を飛躍させられる切っ掛けになると思っております。また足元をしっかり見つめながら、一歩一歩踏みしめて歩んでいきたいと思います。


書家西山有紀先生の「。。。時」御成りの間にて。

(大安禅寺副住職)


|2013,10,28, Monday 05:44 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | ... | 211 | 次の10件>>