<<前の10件 | 1 | ... | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | ... | 211 | 次の10件>>
大安禅寺
本日、新命和尚さんは敬老会で特別法話をされるため、富山県南砺市までお出掛けになられました。
富山県でも多くの方を笑顔にされていることと思います。
新命和尚さんがお留守の大安禅寺では、午後から一周忌法要が行われ多くの御親族がご来山されました。
法要も無事終わり、お寺で飼われている猫「うし」君もほっと一息ついた様子です。

お寺に丑年に来たので名前が「うし」君となり、大安禅寺とともに歩んで、今年で16年目の大先輩です。
長生きして、今後もご来山された方をたくさんお出迎えしてくれることを願っております。

(職員 小形)


|2013,09,29, Sunday 04:21 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
日に日に朝晩の冷たい空気が身に染みるようになってきましたが、皆様お変わりないでしょうか。
大安禅寺では、もみじが色付き始めました。

大安禅寺は6月の花菖蒲が有名ではございますが、秋からの紅葉も見事です。
初夏の華やかさとは異なる雰囲気で、より一層心の落ち着きを感じさせてくれます。
6月とは違う大安禅寺の魅力を感じて頂けると思いますので、皆様ぜひ紅葉の時期にご来山くださいませ。

(職員 小形)


|2013,09,28, Saturday 02:48 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
昨日、大安寺小学校の3年生の皆様が故郷学級の一環として、大安禅寺の歴史を学ぶ為にお越し下さいました。時間にすれば、一時間ほどでしたが本堂にて生徒様の質疑応答に答える形で授業を行いました。
皆さん事前に、其々個性あふれる質問を考えてきてあり、それも良い質問ばかりで何だか嬉しい気持ちになりました。こういった授業を通して、大安禅寺だけでなく地元の素晴らしさを知り、すくすく育つことを心から祈るばかりです。


またこの授業で感じたことは、子供たちの純粋で鋭い観点に驚かされたことです。大人に成ればなるほど、注意していてもフィルター越しに物を見ようとしている自分が居ることに改めて気付かされました。
忙しい時ほど、一度立ち止まり深呼吸してみると心の落ち着きが変わってきます。そう思っていても実践しなければ意味が有りません。

しかし、子供たちはまた別次元です。常に溌剌と興味を示しアンテナを張り自然と成長の一路を歩んでいるのです。それこそ皆、向上心の塊です。それを昨今の大人・親連中は(自分も含め)小さな固定概念に囚われそれを我欲の満足で押し付けがちになっています。用心しなければ…。

「自分以外は全て師だと思え」とよく我らの宗門は言いますが、その言葉をひしひし感じた一時でもありました。


大安禅寺
|2013,09,27, Friday 05:56 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
皆様は、武生にございます曹洞宗御誕生寺は御存じでしょうか?「ねこ寺」と言った方が思い浮かびやすいかもしれませんね。

昨日私は、ご縁あってその御誕生寺へ伺わせてもらい特別に御住職であり、もと曹洞宗管長様でも在られた板橋興宗禅師様と相見(接見)を許されお会いすることが出来ました。また、それだけでなく2時間位でしょうか応接間にて貴重なお話を拝聴することができ、禅僧の礎となる言葉をたくさん頂戴することも出来ました。素直に楽しくて仕方がありませんでした。

先ず御誕生寺へ行きますと、山門にある掲示板には「人生は身軽がいい」の言葉、後から聞くと禅師様自ら定期的に書し、掲示板に貼るそうです。この言葉に私は入口からして正直やられてしまいました。率直に感じるところ「一から築き上げた人の言葉」ゆえ重みが違います。何て優しく、また厳しい言葉なんだろうと早速ウンタラカンタラ囚われ多き私にとって入口から「喝」を頂きました。人間って欲深いですからね(笑)

さて手前味噌ですが、藩からの援助がない時代、衰退の一路を辿っていた卑山を先師方は勿論、祖父である先住は農禅一如で人の心を育て大安禅寺という由緒ある寺を護ってきました。また現住職は皆様が御存じの通り意気自如の精神でアイデンティティーを活かし、諸堂復興の後には国の重文という形にまでした実績があり今尚、快活に活動しながら護持護法に尽力しています。その姿を傍で見てきているからでしょうか、人知らぬ苦労を身内ゆえ解るので、御誕生寺を一から築いてきた板橋禅師様の言葉が一つ一つ心に沁み入るわけです。それは掲示板の言葉だけでなく、接見下さった一時一時の口にされる言葉さえ「愛」以上のものを感じることが出来ました。

日々多くの人に私はお会いさせて頂いておりますが、人柄というものは最後の最後まで重要であり、また、その人自身の実績とか人生の歩み方、苦労に苦労を重ねてきた方の言葉は、深みからして全てが違います。
底深くから滲み出る人情と言いましょうか…。

それは言葉に出来ない、「何にも言えねぇ~」ものです。(笑)実はこのご縁、同寺の副住職と知り合うことが出来たから実現したことでもあります。私たちは同じ志を持つものです。これから先人の「熱」に負けぬように日々一所懸命がんばっていきたいと共に誓った日でもありました。最後はありがたや、禅師様と記念撮影。

板橋禅師様、副住職様そして御誕生寺の雲水様、温かいおもてなし心から感謝しております。次は皆様のご来山をお待ちしております。 合掌


(大安禅寺副住職)


|2013,09,26, Thursday 05:34 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は、愛知県、岐阜県、そして越前市からのお客様がいきいき法話にお集まり下さいました。
副住職のお話しされること一つ一つに相槌を打ちながら、リラックスして聞いていらっしゃいました。どんなにありがたいお話しでも、聞き手の方も聞こうという心構えがないと、心にしみこんではこないでしょう。皆さま、副住職と挨拶を交わされた瞬間から、オープンな気持ちで素直にご自分に引き寄せて聞いていらっしゃるのが伝わってきました。帰り際には、「実践!実践!」とお互いに声を掛け合いながら玄関を出ていかれました。

(職員 西向)


|2013,09,25, Wednesday 01:14 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
昨日は無事 お彼岸の行事が厳修され、本日は穏やかな秋の日を迎えています。
本堂前では、金木犀と銀木犀が満開を迎えています。一つ一つの花を見ると本当に小さくて愛らしい花の集まりです。
秋の高貴な香りの代表といえる樹木ですが、昔、中国の美女は、木犀入りのお酒を口に含ませ吐く息を花の香りにしたそうです。
秋の夜長に、なんともロマンチックな逸話です。

〈金木犀〉


〈銀木犀〉


(職員 大谷)


|2013,09,24, Tuesday 04:44 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は秋季彼岸会法要と放生会を厳修いたしました。多くの檀信徒様がご来山くださり、賑々しい中で執り行うことが出来たことを何よりも嬉しく思います。


この行事は昔より、お寺主体で無く檀家様主体の行事です。年番で役員様が決まり、準備から一緒に手伝ってもらうのですが、こう言った行事を皆さんと協力して形にしていく過程を実際目にすると大切なものが色々見えてきます。

そして今日のメインでもあります。「放生会」ですが、彼岸法要後に施餓鬼棚の周りに集まり生簀に水を手向けて行きます。



私たちは普段から様々な形で「命」というものを頂きながら生きています。決して生きてやってるなどという概念でなく「生かされいる自分」ということを知ることも仏教の重要な部分です。
ならばその感謝の気持ちを供え、生類の御霊をご供養してあげることが勿論必要です。この行事を通して若い世代に「命」の尊さをもっと身近に感じ知ってもらえれば幸いなのですが…。



法要が無事終わり、最後は鯉もお寺の中庭の池に放流され元気に泳いでいました。


|2013,09,23, Monday 02:32 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
明日は秋季彼岸会並びに放生会です。今日はその準備に追われる1日でした。供えるお餅搗きに設え、法話に掃除やることは沢山あります。
早朝より法要の役員様が来られ準備をします。お餅搗きは約10臼程、大変ですが力を合わせて「エーンヤコーラ、ドッコイショッ!!」

今では珍しいかもしれませんがお寺の餅搗きは竈でもち米を蒸し、杵打ちなので美味しいことで評判です。



薪が燃えるその様は、心を落ち着かせてくれますね。また、その薪で沸かしたお湯で蒸しあげる福井のもち米は絶品です。蒸し上がりのもち米はプッチプッチでモチモチしています。それを杵で力いっぱい搗くのでコシがあって柔らかい餅になるんです。明日はそのお餅をお供えしてご先祖のご供養また生類のご供養を致します。



適度な大きさに丸められた丸餅は並べると綺麗ですね。
明日は袋に詰められて、お供えされたお餅は法要後皆様にお配りします。また毎年手作りのちらし寿司も付いています。是非、皆様も大安禅寺のお彼岸法要に足を運んでください。
そしてここではまだ内緒ですが、明日もう1つプレゼントが有ります。それは来てからのお楽しみです。その事柄も明日UPします。





大安禅寺
|2013,09,22, Sunday 04:02 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は認知症カフェ「トマリギ」に参加させていただきました。

「企画詳細」※http://caravanmate.jimdo.com/
主催者である福井キャラバンメイト里様の熱に、多くの人が感化されるのが分かる、素晴らしいプロジェクトだったと思います。

このカフェの目的は勿論「認知症」についてですが、しかしあえて「カフェ」というスタイルをとって多くの人が、気兼ね無く寄り集い易い場所を作り、そこから認知症というものへの認識、知識などを知ってもらう場所。

また「人の心が繋がる」場所、それが認知症カフェ「トマリギ」言葉だけでは伝えきれないのですが、今日この日の為に第一回目ということで勿論不安が多い中、里様を中心に企画支援された皆々様の厚情、熱意をひしひしと感じさせて貰える一日でもありました。

私も負けずに頑張っていきたいと思います。このプロジェクトは今後も続きますので、お近くにお住まいの方、また「認知症」についてもっと知りたいことが有る方、どなたでも集える場所となっていますので、是非来月は足を運んでみてください。美味しいコーヒーも食事もありますよ★

「今日の様子」
打ち合わせ

第一講座に私の法話。オープンスペースでの法話に燃えました(笑)


第二講演は福井キャラバンメイト里様。この方が発足者です。

第三講座は大人の書道教室でおなじみのアンテナ西山先生。

第四講座はみんなの保健室代表内山様。

AOSSAに来られる多くの人が興味を持って立ち止まって居られたのが印象的でした。法話の最中もいろんな場所で耳を傾けておられ今後の新しい形のヒントを得たのも事実です。また来月が楽しみですね★

(大安禅寺副住職)


|2013,09,21, Saturday 03:29 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
日々の生活、また一挙手一投足これ即ち自身の修行なるものなり。

一つとも無駄なものは無く、心のアンテナを張って活き活きと生活がしたいものです。さて日々大安禅寺は活発に動いています。まもなく秋季彼岸並びに放生会の法要もありますし、法話に観光また坐禅研修、私も個人の様々な活動の為ありがたい毎日を過ごしております。

また住職も金沢寳勝寺の復興、布教活動などで精力的に活動されており最近の口癖は人生の「時間がない時間がない」です。住職が言うと深いですね(笑)。

法話を聴聞に来られる方も口コミでしょうか、ありがたいことに年々増加しております。出来るだけ多くの人に「心の掃除」を楽しんで頂ければ幸いです。

そして先般は、元市長の酒井様がご来山くださいました。こういった人生の先輩であり、著名な方のお話は本当に面白いですね。興味津々で聞き入ってしまいました。こう言った場にご一緒させて貰えることは人生の宝でもあります。



また外掃除では今回、人材シルバーセンターの皆様にもお手伝い頂いております。さぁ今年も最後まで健康に、一日一日を大切に「生き切る」毎日を送りたいと思います。

(大安禅寺副住職)


|2013,09,20, Friday 02:27 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | ... | 211 | 次の10件>>