<<前の10件 | 1 | ... | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | ... | 220 | 次の10件>>
大安禅寺
本日、今年最初の法要であります「左義長並びに大般若祈祷会」を厳修致しました。


今日は朝から冷え込みが厳しく、雨が降りしきる中での左義長となりました。また朝7時と言う早い時間でしたが、町内の殆どの方がお参りに来て居られこの村の団結力を嬉しく感じました。ですので私の心境も天気とは違い、心は晴れやかに住職とともに御祈祷を執り行うことが出来ました。


大般若祈祷会においても多くの方がご参詣くださいました。先に申したように、この行事は年度最初の行事であり、各ご家庭の所願祈祷を祈願する重要なものです。
「般若心経」というお経は皆様もご存知かと思いますが、元は600巻からなる膨大なお経でありそれをまとめたものが「般若心経」です。今日はその600巻の経典を、写真の様に「転読」といって扇のようにパラパラと呪文を唱えながら繰って転読し、最後にまた大きな声で、「降伏一切大魔最勝成就(ごうぶくいっさいだいまさいしょうじょうじゅ)」と唱え実際に読んだこととし、一切の邪気等を払っていく行事を執り行ったわけです。お堂には檀信徒様の声が響き渡り、お寺の邪気も払って頂いたような気持ちになりました。


行事後は、檀信徒総会並びに年賀会と皆様のおかげで滞りなく進み無事今日一日を終えることが出来ました。これで今年も良いスタートが切れたと思います。6月花菖蒲祭りまで怒涛の如く、諸行事が続いていきますが一歩一歩しっかり歩んでいきたいと思います。

(大安禅寺副住職)


|2014,01,12, Sunday 04:13 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は朝から雪…。やっと福井の冬らしくなってきましたが、このタイミングで降らなくてもいいかと(笑)明日は大般若祈祷会ですから…。ただ明日には雨になってそうですね。

今日は朝から世話方様と明日の本堂準備、またお供えをする祝餅を作りました。今年最初の大切な法要ですから檀信徒の皆様、明日はよろしくお願いいたします。


|2014,01,11, Saturday 04:57 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
実は…来月2月に福井ケーブルテレビさんの番組に不肖新命が出演させて頂くことになりました。その番組は「楽語」皆様ご存知ですか?メインパーソナリティーは福井を拠点に活動されているミュージシャンのナナ・イロ様です。

今日はその打ち合わせの為に、わざわざ大安禅寺にお越し下さいました。失礼な話しですが、わたくしナナイロ様とは今回が初対面で何と!ボーカルのうつみさんは同級生、いわほりさんも一つ違いの同世代!と言うことを今日知りました。同世代の活躍って素直に嬉しいですね。何だか打ち合わせそっちのけで他の話で盛り上がってしまいました(笑)これから共に福井を活性化したいと思います。そこらへんを番組でお話ししたいですね。

このように今年も実りある出会いをたくさんしていきたいと思っております。そしてこの福井から発信できるものを確り見極めて歩んでいきたいと思います。是非、皆様二月放送の「楽語」をご覧下さいませ。詳細はこちらのHPで⇒http://fctv5ch.mitelog.jp/talkmusic_racgo/

(大安禅寺副住職)


|2014,01,09, Thursday 04:47 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
《天地一指 万物一馬》

改めまして…新年明けましておめでとうございます。旧年中は御法愛を賜り心より感謝申し上げます。本年も宜しくお願い致します。

さて「一年の計は元旦にあり」と言うことで皆様も今年の目標はもう定められましたでしょうか?



今年は「午」年です。馬だけに駆け走り飛躍する一年としたいところですが、私はやはり「人間万事塞翁が馬」の如く、何事にも一喜一憂せずに一歩一歩確かな歩みを今年は積み重ねて行きたいと思っております。とは昨年もお話しましたが、実は元旦の新春の法話にて住職は改めて今年のテーマを決め直してお話しました。それは「人間万事塞翁が馬」改め「天地一指(てんちいっし)」です。これは荘子の言葉で後に「万物一馬(ばんぶついちば)」と続きます。「天地と言う大きな存在もこの一指に過ぎない、この世に存在する全てのものもこの一頭の馬に過ぎない。」という言葉ですが、これだけを聞けば変な言葉にしか思わないと思います。言わば固定概念に囚われるなと言う事です。しかし、多くの人は指は指、馬は馬と決めつけると思います。天地が一本の指何ていうことは、道理として可笑しいですから…、そして普通ならそこで思考はストップします。ですが、そこから追及して行くのが「禅」であり、それが心と頭の柔軟体操に繋がるのです。

私たちは、普段意識せずとも損得勘定や良し悪しなど自分の利益を先ず考えてから行動することがあります。実はこの分別ばかりしながら過ごすと、ストレスしか溜まりません。私達の仏教は無分別を重んじます。「差別をしない」とはニュアンスが違いますので勘違いしてはいけません。無分別とは、先程も言った一歩一歩確かな歩みを心掛けることです。良いことも悪いこともそのまま受け入れる、大きい仕事であろうと小さい仕事であろうと一所懸命果たしていく。損得勘定では無く、あるがままを見つめていく努力、その積み重ねこそが自分の人生を形成し、いつしか天地一指と言う、蓋天蓋地(がいてんがいち)一枚の妙心が生まれるのです。人も馬も無い、人馬一体の心境を今年は養って行きたいと思います。

今年の目標を「飛躍する年」と掲げた方は、あまり焦らずに先ずは一歩一歩確かな歩みを心掛けてみて下さい。飛躍の年になったかは、確かな歩みを積み重ねた今年の最後の12月31日に初めて言える筈です。ですから目標は今日と言う一日を「生き切る」ことを心掛けてください。私もそうで在れるように精進していきたいと思っております。

(大安禅寺副住職)


|2014,01,08, Wednesday 04:38 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は晴れ間の見える北陸の冬には珍しい好天。この天気が明後日から大崩れするとはウソのようです。とほほ…。
さて今日大安禅寺では一足早い鏡開きをしました。約30箇所お供えした鏡餅をひき水餅にして保存します。この鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、 それを食べるという風習です。 神様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、 神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、無病息災を祈願しています。


2014年の鏡開きの日にちは、1月11日です。 この日にちは、地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、 一般的に1月11日が鏡開きの日とされているそうです。
また関西では1月15日に行われることが多く、 各地で違いはあります。大安禅寺では毎年7日に行っています。

今日の夜はこの御餅を頂き一年の健康を祈願したい思います。

(大安禅寺副住職)


|2014,01,07, Tuesday 02:59 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
新しい年を迎えて早くも一週間が経とうとしております。私は4日より年頭回礼と言いまして、市内のお檀家様に挨拶回りへ参っております。そして大安禅寺では、年頭に行う最も重要な行事として来る12日(日)に大般若祈祷会を執り行います。この大般若祈祷会は、皆様もうご承知の通り、経本を扇のようにパラパラと呪文を唱えながら繰って転読し、最後にまた大きな声で、「降伏一切大魔最勝成就(ごうぶくいっさいだいまさいしょうじょうじゅ)」と唱えて一年の、魔障を除き、世界の平和、五穀豊穣、家内安全などを祈願して勤めるものです。当山の大般若は、僧侶だけでなく檀信徒の皆様と共に、お腹から声を出して、ご祈願をするので毎回気持ちが一つになり、その団結心が当寺の護持護法に繋がっているのだと私は思っておりますし、この行事が昔より続いていることを心から幸せに思っております。

そして毎年この日の早朝に大安禅寺の町内では左義長祭を行います。この祭りは、村の守り神道祖神を奉る祭りです。またこの左義長こそ伝統あるものであり、大安寺町はすべてが手作りです。今年の写真は無いのですが平成22年のものを皆様に紹介したいと思います。

一つ一つ藁からしめ縄を編み、本木も山から毎年切り運んできます。作成は当番制で、町内の班が毎年交代で組み立てます。
また組み立てたものを起こして立てるのも一苦労です。



この完成した写真は今年の物で、どうですか見事なほどに立派な左義長です。地元でも一番でかいものではないでしょうか。このような行事はいつまでも残したい大安寺の宝です。
12日当日は住職と共に一所懸命御祈祷させて頂きます。(大安禅寺副住職)

|2014,01,06, Monday 05:04 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
お寺でお勤めさせていただくようになって初めて「杖言葉」というものを知りました。杖のように自らの人生の支えとなる言葉をその様に表現するそうです。現在お寺の中には新命和尚さんが書かれた杖言葉が貼られております。「人生に雑用という用はありません 心を込めて歩みましょう。」疲れていたり、気分がすぐれない時、ついつい行動が雑になってしまう我が身を反省させられました。今年一年、この言葉を自分の杖言葉として精進していきたいと思います。どの様な言葉が杖言葉になるかはお一人お一人、全く異なるものだと思います。皆様も今年一年、または一生涯、自分自身の支えとなる心の杖言葉を探してみてはいかがでしょうか。

達筆な新命和尚さんの文字にも人を引き込む力があるように思います。



(職員 小形)


|2014,01,05, Sunday 02:54 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
新年を迎え二日目。昨日から多くの方が参詣に来られています。また毎年元旦の早朝には、当山の諸堂を渡り諷経をして回ります。3年前から私が勤めさせて頂いているのですが、一年の計は元旦にありと申しますように、このお参りは(開山・開基様にご挨拶)をすることと、日本国の万民和楽・五穀豊穣並びに各ご家庭の家内安全・健康安心を御祈願する大切な新年最初の法務でもあります。大安禅寺は皆様のご多幸とご健康を常に念じておりますので、皆様も一歩一歩実りのある日々をお送りくださいませ。

明日一日もご自由に御拝観できますのでどうぞお気軽にお越しくださいませ。

(大安禅寺副住職)


|2014,01,02, Thursday 02:43 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も相変わらぬご法愛を賜りますように宜しくお願い申し上げます。

さて昨日の大晦日の除夜の鐘は、好天に恵まれ多くの参詣者の方で賑わいました。福井では本当に珍しい雪の無い大晦日、これも良いのか悪いのか…。とにもかくにも、好天であったことに先ずは今年最初の感謝をしたいと思います。


今年の干支は午年です。住職もそれにちなみ今年のテーマは「人間万事塞翁が馬」並びに「天地一指」としました。前者のことわざは有名な故事ですから皆様ご存知だと思いますが、後者は荘子の言葉で「万物一馬」と続きます。天地万物の一切はこの一本の指、一頭の馬と同根であり一体である。全てのものは一に帰す。万物は皆それぞれの姿をしているが、その根源はただ一つ宇宙の法則といい、仏の妙用であるという意味。言わば人馬一体であり、日々の努力積み重ねこそ重要だということです。

馬のように勢いよく駆けることも理想ですが、それ以上に何事にも一喜一憂せず確かな一歩を積み重ねることを私も今年は心掛けていきたいと思っております。今日から三が日は無料拝観ですので、どうぞご家族そろってご参詣くださいませ。
(大安禅寺副住職)

大晦日の様子です。








|2014,01,01, Wednesday 02:59 AM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日大晦日より正月三が日は無料拝観です。是非ともご参詣くださいませ。

~大晦日日程~
日時:平成25年12月31日(火)

午後11:00~ 拝観開始
午後11:45~ 除夜の鐘(鐘楼)
午前0:10~ 新年の御祈祷会(本堂)
午前0:30~ 新年の住職による法話(本堂)




|2013,12,31, Tuesday 02:13 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | ... | 220 | 次の10件>>