<<前の10件 | 1 | ... | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | ... | 229 | 次の10件>>
大安禅寺
今日は一日バタバタと忙しい日でした。観光連盟様との打ち合わせに始まり、法話に文化財の視察、境内の春支度整備と…。


さて来年の北陸新幹線開通に向けて福井の観光熱も上がってきています。実際福井まで沿線されるのはまだまだ先の話ですが、金沢経由でのお客様を見込んで県の観光連盟様と連携しながらあらゆる誘致企画を思案中です。

そして、今日は大阪法話のお客様も来てくださいました。最後は皆様と記念撮影。


午後からは境内の春支度の続きの作業、また県と市の文化課からは卑山に所蔵されている文化財視察に来られました。


穏やかな季節になりつつある昨今、さらに心引き締めて頑張っていきたいと思います。
(大安禅寺副住職)


|2014,03,03, Monday 05:34 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
日に日に寒さも和らぎ、あたたかい日差しを感じることが多くなってきました。山寺の大安禅寺でもすっかり雪が融け、春を迎える準備が始まっています。先日から世話方様がお寺の雪囲いを外してくださり、お寺の中が明るく感じられる様になりました。



本日は、新命和尚さんもお庭のお掃除をしてくださり、雪で落ちた枯葉などを丁寧に取り除かれていました。


また本日は早朝写経が行われました。やさしい日差しの入る部屋で、皆様物音ひとつたてず集中して写経をしておられる姿に、見ているこちらの身も引き締まりました。


|2014,03,02, Sunday 04:21 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は早朝より田ノ谷地区の総代様と、涅槃会の托鉢を行ないました。この托鉢は、来る3月21日に彼岸会と共に行う涅槃会にお供えする涅槃団子を作る為の托鉢です。



また有り難いことに、朝早い時間にもかかわらず、私の「ほぉーーーー」という托鉢時の声を聴いて、わざわざ外まで出てきて下さる方も居られます。このように地元に支えられながら現在なお伝統を守っていけることに私は感謝の言葉しかありません。約半日総代様と心ひとつに回れて心も一新致しました。

涅槃会には美味しい団子を作って大量にお供えしたいと思います。




(大安禅寺副住職)


|2014,03,01, Saturday 05:28 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日の大安禅寺は団体様の予約もなく久し振りに穏やかな一日を過ごしております。


さて春風が心地良い季節ではありますが、朝晩に限ってはまだまだ冷え込みが厳しいですね。
これから穏やかで過ごし易い季節を迎え、坐禅三昧といきたいところですが。環境汚染に大気汚染は待ったなしです。私も花粉症になって十年、毎年この季節になると花粉と黄砂に悪戦苦闘しているのですが、それだけならまだしもここにきてPM2.5の問題が世間を賑わしています。

人間はあらゆる成長を求め、その犠牲に自分を生み育んでくれた天地自然を汚染し、また自らの首を絞めていく面白い生き物です。いったい私たちは本当にどこへ向かおうとしているのでしょうか。ただただこう言った問題は悲しい思いになるばかりです。子を持てば尚更で、良いものを次世代に残したいと思うのですが、実際に国が我ら大人が作り上げているものは多大なる問題ばかり…。これでは夢を持てとは言い難いものです。しかし、問題は外にあるとばかりに、外へ目を向けてもいけません。私たちは、常に移り変わりゆく諸行無常の世に在ります。それはいつの時代も同じです。ならば、一番変わらなければいけないのはやはり自分自身です。そして問題もその答えさえも自分の中に有るものです。

「野火焼不尽 吹春風又生 (野火焼けども尽きず 春風吹いて又生ず。)」 (白楽天)

夏に青々と生い茂った野原も冬には野火で焼かれ灰燼に帰してしまうけれど、不思議に春になれば、灰燼が養分となり春風に吹かれて、また芽を出し青々と茂る。

私達も一緒です。生命が有る限り煩悩妄想と言うものは尽きることはありません。それは社会も同様で、その中は人間の欲が常に蠢いている場所です。いくら問題になって追い払っても尽きない。まさにこの禅語の通りです。

禅とは「気付き」です。答えを求めるのでなく、自ずと具わっている本来の自分の輝きに気付くところです。禅では煩悩妄想が即ち菩提、悟りであるとよくいいます。それには、実践体験からなるその「気付き」が必要なのです。理屈で解るものでは決してありません。本来より素晴らしい輝きをみせる自己を曇らせる煩悩を掃除する。毎日毎日が修行でなければいけません。難題から言い訳をして逃げるのは簡単です。出来る事だけをしていても成長はありません。常に自問自答し生き切ることを大切にしなければならないのです。そう、春風を起こすも起こさぬもあなた次第なのです。

(大安禅寺副住職)



|2014,02,28, Friday 02:04 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は富山県は小矢部市からお客様がお越し下さいました。皆様私の言葉一つ一つに頷きまた笑い、時には真剣な眼差しで聞き入りと終始穏やかな雰囲気の中法話を楽しんでくださいました。



団体様の中には以前にもお越し下さり、住職の法話を聞いて下った方も居られ、帰りの際には「二世代に渡って法話を聞けて良かったよー。」とのお言葉を頂きまして、私の心もホッコリ。また明日から頑張れます!

さて季節も春に向かい気温も穏やかになりつつありますが…。いやはやPM2.5が厄介ですね(汗)皆様もマスクをして注意してくださいね。健康だからこそ「あーだこーだ」と言える人生です。

(大安禅寺副住職)


|2014,02,27, Thursday 03:01 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日も遠い所より当山に多くの方が足を運んでくださりました。近畿方面からや北陸は富山からと、本当に感謝の一言です。


私は法話をさせてもらうに当たって、皆様が聞き終わった後に少しでも「このお寺に来て良かった。法話が聞けて良かった。」と思ってもらえるように心掛けてお話しています。

勿論法話ですから、仏教からの観点からお話しするのですが、その観点自体もう日本文化のようなところもあるので身近な話がそのまま「禅」の世界に繋がったりするわけです。



「禅」とは何か?それは極シンプルに生きることへの喜びを知るものかもしれません。人生は表裏一体ですから、苦しいからこそ楽しいと言い切れる心作り。でもそれさえ自分で気付かなければ納得できません。また今日と言う一日を過ごすことを感謝できることも自分が腹から味わなければ何の意味もありません。しかし、人はそれを外に求めます。求めるが故に悩み苦しみ戸惑い、自分を見失うのです。「求める」のでなく、「気付く」ことが大切なのです。そして、それが禅の基本でもあります。

答えは外でなく、常に自分の中にあるのです。「オギャァ!」と生まれた時から「ウン」と死ぬこの人生中、いつも答えは自分の中にあります。

そして、今日も私は法話をさせてもらう立場でありながら、聞いて下さった人生の先輩の「来て良かった。法話ありがとうね。」の言葉に多くを学び励まされるのです。


(大安禅寺副住職)






|2014,02,26, Wednesday 04:36 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日福井県立美術館で開催されている「棟方志功展」に行ってきました。前々から観てみたい展示会だけに朝一番に行き貸切状態の中で観ることが出来ました。
(写真は勿論無理なのでポスターのみです。すみません。)



今回一番観たかったのが、棟方志功の代表作でもある「ニ菩薩釈迦十大弟子」の板画(版画)です。
※「ニ菩薩釈迦十大弟子」紹介サイト⇒http://www.e-tsuyama.com/kankou/check/munakata/syakadeshi.html

複製品は何度も見たことが有りましたが…。やはり本物は違う気が…。作品を前にした時には、自然と手を合わせてしまいました。

感想としては、それぞれのニ菩薩(文殊・普賢)と十大弟子の特徴をおさえてるのですが、多分棟方志功目線の思いがそれぞれの表情に表れており、その表情が何とも面白かったですね。一番魅力的だったのが、文殊菩薩で何だか女性的に描かれていて、優しさと力強さを感じました。(ただし私感です。)

感性や価値観の違いで捉え方も変わってくるので皆様の感想も聞きたいです。やはり私みたいな素人では感想が稚拙ですね(笑)改めて知識のある人の意見とか聞きながら観てみたいものです。

他の作品も厳選されたものばかりで、大変見応えがありました。しかし、少し欲を言えば…仏画作品がもっと観たかったです。でも今日は時間を見つけた中でゆっくり鑑賞することが出来て良かったです。良い刺激にもなったので又明日から頑張りたいと思います。

(大安禅寺副住職)


福井県立美術館詳細はこちら⇒http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html

棟方志功展リーフレットはこちら⇒http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/pdf/chirashi_munakata.pdf

|2014,02,25, Tuesday 03:14 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
やっと…。春の趣を感じることが出来る昨今、日差しが本当に気持ち良いですね。各地では様々なイベントも催され、昨日から県美においては棟方志功展が開催されています。是非行きたいですね!

そんな春は、寒い冬から心も解き放たれ意欲が湧く季節でもあります。すると心もワクワク、フワフワするものですね。しかし、そこが危ない!!注意散漫になるのもこの季節、ですから常日頃から自分の心を見つめる習慣を身に付けることも重要です。そこで坐禅が役に立ちます!


自分で自分の精神状態を管理することは実際難しく、知らず知らずのうちに仕事、人間関係など色んな要素でストレスが溜まっているものです。坐禅はそんな心をほぐす柔軟体操にもなります。

大安禅寺のような非日常的な空間で改めて自分との対話を実践すると、日ごろ気付かない大切なものに気付いたりします。また呼吸を重要視する坐禅は、ストレス緩和にも繋がり実際に医学的でも実証されている素晴らしいものです。是非皆さんも興味ある方は当山の金曜坐禅会や近くの禅寺に体験しに行ってみては如何でしょうか?

大安禅寺坐禅会詳細はこちら⇒http://www.daianzenji.jp/index.php?e=242


(大安禅寺副住職)


|2014,02,24, Monday 04:05 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は晴天で春の日差しを感じる清々しい一日を迎えました。しかし、冷え込みはまだまだ厳しく本堂前の手水鉢に雪がうっすら積もることもまだあります。


さて先般滋賀県長浜市の良疇寺様において滋賀北陸教区青年僧の会総会が開かれました。大変有意義な時間であり多くの意見交換が出来たことが一番良かったと思います。


昨年は計画していたよりも活動が出来なかったので、今年は内容のあることを積極的に行いもっと多くの方と触れ合う機会を持ちたいと考えています。
早速4月には恒例行事となりつつあります1000人坐禅研修、また6月には当山にて涅槃図の絵解き講習を実施する予定です。絵解きは皆様もご覧いただけるイベントですので是非その際にはお越しくださいませ。また当山HPで宣伝いたします。

とにもかくにも、「鉄は熱いうちに打て」の如く、青年僧同士で切磋琢磨し研修などを通して自己研鑽に励む一年にしたいと思っております。
(大安禅寺副住職)


|2014,02,23, Sunday 01:57 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は京都府と愛知県からたくさんの方々が新命和尚さんのいきいき法話にご参加くださいました。遠方からご来山される方が多い時に限り、朝の冷え込みが厳しくなる日が続き、大変心苦しく感じております。その様な厳しい寒さの中でもお寺に足を運んで頂けることに厚く感謝申し上げます。
本日も新命和尚さんは、おかしくもあたたかく、熱意のこもったお話をされておりました。新命和尚さんが皆様にお伝えしたいことをいつも全力でお話されているからこそ、法話をお聴きいただいた多く方に喜んでいただけているのだと思います。


皆様の上品で穏やかな笑顔があふれる和やかな雰囲気に包まれ、お寺の中もあたたかくなったように感じられました。全国的に冷え込みが強くなっておりますが、無事にお帰りになられますことを祈っております。


また本日は新しい椅子の搬入が行われました。今後、お寺の行事でご来山された方々を気持ちよくお迎えするために使用させていただきます。


|2014,02,21, Friday 02:27 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | ... | 229 | 次の10件>>