<<前の10件 | 1 | ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 196 | 次の10件>>
大安禅寺
爽やかなお天気に恵まれた本日、大安禅寺恒例の花菖蒲祭が開幕いたしました!


花菖蒲は現在咲き始めですが、色鮮やかな黄色や紫の花が目を引きます。


バラはちょうど見頃を迎えており、クレマチスとの色の対比が大変鮮やかです。
どちらもまだまだ蕾も多く、これからお楽しみいただけます!
 

そして本日は開催初日ですが、終日多くの方がお越しくださり 寺内にて行われています禅画展をゆっくりとご覧になっていらっしゃいました。


お寺の風景と合わせてみていただく作品や大きく迫力ある作品に 皆様 足を止められたり、お互いに「この画が好き」や「この色がきれい」など感想を話されたりと楽しまれているようでした。
禅画展は7日(木)間での開催。明日は11時半よりパフォーマンス、13時よりワークショップ「達磨さんを画こう」を開催!
どなたで参加いただけますので、この機会にぜひ ご参加下さい。

大人気「生き生き法話コース」も連日 催行しております。

明日は午前・10:30からの回が催行されます。
当日でもうけつけていおりますので、ご希望の方はお気軽にお申し付け下さい!

(事務局 岩佐)



|2018,06,02, Saturday 06:05 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
爽やかな陽気の一日となりました。
いよいよ明日より第35回花菖蒲祭が開催されるにあたり、大安禅寺では最終の確認・整備・準備が進められました。

一番最初のイベントは平出和尚様による禅画展!


先日より展示されている作品もあり、本日訪れたお客様も興味深々にご覧になっていました。
3日(日)には「達磨さんも画こう」の禅ワークショップ&和尚様によるパフォーマンスも開催されます。

花菖蒲はちょうど咲き始めとなりました。これからどんどん見頃を迎え、祭を華やかに彩ってくれます。


9日・10日頃が見頃となりそうですので、お誘い合わせの上 ぜひお越し下さい。
また、バラは現在見頃!
クレマチスとバラの色鮮やかな景色がお楽しみいただけます。



そして、昨年に引き続き6月限定の越前和紙の朱印も登場!

今回は爽やかなオフホワイトに緑の柄のものと 涼しげな水色の柄の2種類ございます。
期間限定また枚数限定となっておりますので、ご希望の方はお気軽にお声かけ下さい。

初夏を彩る 華やかな祭のひと時。
皆様の御来山、心よりお待ちしております!!

(事務局 岩佐)


|2018,06,01, Friday 06:49 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

本日は雨で足元の悪い中、愛知県から大変多くのお客様方が御来山下さいました。
お客様の中には同じ臨済宗妙心寺派のお坊様もおられて、副住職の法話をうなずきながら聴かれている姿が印象的でした。




そして、本日のお客様方も法話で朗らかな笑顔が咲き誇り、催行された本堂の屋根がまるで笑っている様に揺れていました。

そして、昼食に精進料理をとられていました。大安禅寺では「精進料理拝観コース」があります。「精進」とは、心を無にしたまじり気のない状態のことを云うそうです。
この「精進料理拝観コース」は各拝観コースと組み合わせてお申し込みいただけますので、お気軽にお電話下さい。

(職員 加藤)



|2018,05,31, Thursday 07:30 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日終日雨模様の天気となりましたが、花菖蒲園では 住職が花菖蒲園の整備にはいられ 斎藤様と庭師の末政様もその手伝いをしてくださいました。


大きな花の株を植え替えたり、間の草をとったりと まもなくの開催に向けて 細かい整備に 力が入ります。
2月の大雪での影響が心配されましたが、おかげさまで順調に成長し 現在はちょうど咲き始めとなりました。中旬にかけて見頃を迎えると思われます。
また、寺内では2日から行われます禅画展の準備が進められています。


兵庫県丹波市の鶏足寺 平出全价和尚様によって表現された禅の世界。大安禅寺のお堂各所にてご覧いただけます。
「大安禅寺 花菖蒲祭」は初夏の花々と 様々なイベントがお楽しみいただける1月です。ぜひお誘い合わせの上 お越し下さい!


大人気 玄峰和尚の生き生き法話コースも連日催行されます。
個人の方もご一緒に参加いただけますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(事務局 岩佐)


|2018,05,30, Wednesday 06:25 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

花菖蒲園を掃除していると、蕾と花開いた花菖蒲がありました。
紫色の花びらがとても綺麗で、これが園いっぱいに咲き誇る様子は圧巻の一言だろうと想像できます。


またバラ園の花々も華やぎ始め、大輪のバラが咲き始めています。
まるで花菖蒲とその可憐さを競い合っているようで、どちらの園も見頃がたのしみでなりません。

</div
そして今回の花菖蒲祭、最初のイベントは禅画展の「画かざる処を画く」です。やさしく、心和む禅画をぜひ皆様にご覧いただけましたら幸いです。
花菖蒲祭は来月2日(土)より開催されます。皆様。お誘いあわせの上、御来山くださいませ。


(職員 加藤)




|2018,05,29, Tuesday 05:53 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
九州・四国地方では梅雨入りとのことで、本日は全国的にムシムシとしたお天気になりました。
福岡では花菖蒲が見頃を向かえたそうですが、当山のお花はまだ蕾。

成長は順調で、見頃は中旬になりそうです。
今週末からは第35回 花菖蒲祭が始まります。皆様の御来山、心よりお待ちしております。



また、本日は愛知県からの団体様が法話コースに参加されました。
「この湯飲みに水がいっぱいにはいっていたら、どうしますか?」
聞いて、考えて、思いっきり笑って そうでしたねと素直に受け入れていく。皆様最後には明るいスッキリとした笑顔になっておられました。

老若男女、幅広い世代の方に人気のコースです。
特に花菖蒲祭期間は催行日も多くありますので、この機会にぜひお聞き下さい!

(事務局 岩佐)


|2018,05,28, Monday 04:38 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
日中は夏日が続いていますが、大安禅寺では来週に開催がせまってきた花菖蒲祭に向けた準備が進められています。
本日も朝早くから 世話方様方による境内の整備や祭り用の提灯吊りが行われ、昨日設置されたゲートとあわせて一層雰囲気がでてきました。

いつも誠にありがとうございます。開催までの最終準備・確認等がありますが、何卒よろしくお願いいたします。

また、昨日の夕方からは地元企業の方々の社員研修が行われました。

副住職からのカリキュラムや諸注意事項など 今回の研修の説明があり、初めての一泊での禅寺での研修に皆様緊張された様子でした。


まずは夕食から研修がスタート。
音を立てないように食事をする、姿勢を正し正座での食事や最後に沢庵での洗鉢など 普段の生活との一番の違いに大変に感じられたそうです。
引続き、坐禅研修。組んでいる足の痛さ、姿勢を正す大変さなど 痛い・辛い改めて感じ 気づくこともあり 時間いっぱい取り組まれていました。

2日目は早朝から読経・坐禅。朝食も配膳・準備から 協力し合って行っていきます。

最後に法話。

心を働かせるとは、命の使い方とは。「違う面、自分が見えていない面を見るためには 自分が 動けばいいんです。でも、それが難しい」
2月の大雪での立ち往生、車の運転など 身近なことや今回の研修を通しての事を例えに話されました。
「この心、どう使いますか?参加された人数分の答えがあることでしょう」
この度の研修が皆様にとって何か得ることがありましたら、幸いです。

(事務局 岩佐)


|2018,05,27, Sunday 03:53 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

来月開催の花菖蒲祭に向けた準備も佳境を迎えています。
本日は、業者の方にゲートを立てていただきました。
この看板を見上げるとお祭りが始まる高揚と緊張を同時に感じます。





ゲート看板も立ち、花菖蒲祭に向けて着々と準備が進んでいます。
花菖蒲祭は来月2日より開催されます。ぜひ皆様お誘い合わせの上、御来山くださいませ。

(職員 加藤)



|2018,05,26, Saturday 09:03 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

花菖蒲祭の開催までもう少しありますが、バラ園では写真のようにバラが咲き始めています。

また、本日も副住職の「生き生き法話」が催行され、今日は石川県からのお客様と同じ臨済宗のお坊様方が法話にご参加下さいました。


当山には職員が案内する「おもしろ拝観」コースという拝観コースがありますが、実は副住職の法話のフレーズを真似をしたり、、身振り・手振りを参考にしています。


せっかく御来山頂いたお客様方に大安禅寺をじっくり楽しんでいただき、当山との「御縁」を深めて頂けましたら幸いでございます。
そのためにも、楽しんで頂くための努力を継続しています。

(職員 加藤)






|2018,05,25, Friday 07:47 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

花菖蒲祭まであと、もう少しとなり、お祭の準備も佳境に入っております。
花菖蒲が見頃の時期になりますと、約60種・1万株が一斉に咲き誇ります。ぜひ皆様、お誘い合わせの上、大安禅寺にお越し下さいませ。

また本日も、副住職の「生き生き法話」が催行され多くの方々にご参加いただきました。


副住職の法話は「笑顔の花を、人生に活力を」がテーマで、皆様の満面の笑みを誘うユーモアたっぷりの説法となっております。


法話のハイライトにお客様同士が数珠繋ぎに肩を揉み合う場面は、住職が法話をされていた頃からの伝統らしく、毎回、お堂の雰囲気が大いに沸きます。
どこと無く、この風景が花菖蒲の盛りの頃の写真に似ているように思えるのは、私だけでしょうか。

(職員 加藤)



|2018,05,24, Thursday 05:49 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 196 | 次の10件>>