<<前の10件 | 1 | ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 214 | 次の10件>>
大安禅寺

 明日から、師走に入ります。この時期になると、テレビやラジオで「師走に入り、慌ただしくなりました。」や「師走の街角は年越し準備に大忙しです。」等の文言を見聞きします。この12月を指す「師走」は意味や由来が定かではないようですが、そのいわれの一説に「普段落ち着いている僧侶が、仏事のために走り回る一番忙しい時期」というものも含まれているそうです。





本日お越しになられたお客様方も、今年もこれから年末にかけて御多忙を極めることと思われます。大安禅寺の山門を下りられるまでの束の間だけでも、年尾の喧騒を忘れ気持ちをリフレッシュさせて頂けておりましたら幸いです。

(職員 加藤)



|2018,11,30, Friday 04:33 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

 立冬を過ぎてしばらく経ちました。この時期に残っている紅葉を、冬紅葉と呼ぶそうです。周囲の色合いが痩せていく中で、鮮やかさを保っている姿は、きりっとした上品さを感じます。



 本日は、京都から団体旅行での御来山があり、皆様法話にご参加頂きました。頬を真っ赤にしながら、笑顔こぼれる方も多くおられました。


大安禅寺では日本一早い門松も立ち、それに加え冬紅葉も盛りを過ぎてもその鮮やかさを保っています。ぜひ、当山の色鮮やかな初冬の庭へお越しください。

(職員 加藤)



|2018,11,29, Thursday 04:14 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
昨日の小春日和から変わって本日は晩秋の肌寒い一日となりました。
本日は、富山県・岐阜県・滋賀県、そして地元・福井県からのお客様がお越しくださり 午前の法話コースが催行されました。

「皆様は何宗ですか?浄土真宗?浄土宗、天台宗、日蓮宗・・・。手の挙がらない方は“みなのしゅう”でしょうか。しかし、この“みなのしゅう”が大事なんです」


初めての方も2回目の方も あっという間に和尚様の話に引き込まれ、中にはメモをとる手を止めて聞き入っておられる方もいらっしゃいました。
「一に掃除 二に笑顔 三四元気に おかげさま」思いっきり笑って、心の掃除。晴れやかな皆様の笑顔が溢れていました。

また、11月も残り数日。境内では雪対策の準備が着々と進められています。

連日住職をはじめ世話方様方により融雪設置作業が行われています。お寺では山水を使用していますので、水の出方もしっかり確認。

雪囲い・雪吊りと毎年必ず行われる作業で、おかげさまで雪が降っても安心です。
いつも誠にありがとうございます。

(事務局 岩佐)



|2018,11,28, Wednesday 02:22 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

 あと数日過ぎると、来年の準備を考え始める師走を迎えるというのに、寒さとせわしなさが和らぐ小春日和となりました。



 本日もここ大安禅寺では、多くのお客様をお迎えし、生き生き法話が催行されました。副住職が「坐禅で大切なのは呼吸。そのためにも正しい姿勢をとる必要があります。」「ホースも曲げると水が出なくなりますよね。」と仰ると、お堂の皆様が一斉に胸を張り、姿勢を正されていたのが印象的でした。


また、清々しい青空の広がる中、外掃除をしていますと、風にそよぐ紅葉が波打っているようで、見とれるような美しさでした。

朔風葉を払うといわれるこの時期ですが、もう少し綺麗な紅葉をお越しになられた方々に楽しんで頂きたいと思っております。

(職員 加藤)





|2018,11,27, Tuesday 03:00 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
先日の三連休は冷え込みがグッと厳しくなり、境内の紅葉も一気に色が深まりました。


寺内からの景色も趣あるものになり、訪れたお客様もそれぞれ好きな場所からご覧になったり写真を撮ったりされていました。
また、本日は高山市からのお客様が法話コースに参加されました。


初めて参加くださった方も多くいらっしゃいましたが、皆様楽しそうにされていました。
「親の背中を見て育つ。この年になって分かることがある」などなど 共感することに大きくうなずきながら聞き入っておられました。

今週は連日法話コースが催行されますので、ご興味がある方はぜひご参加下さい。
皆様の御来山、心よりお待ちしております。

(事務局 岩佐)



|2018,11,26, Monday 03:26 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

  昨日の夕方から今日の午前中まで泊りがけでの参籠修練が行われました。今回の参籠修練は地元企業様によるもので、御来山の皆様協力しながら配膳や掃除をされていました。


また、早朝に行われた読経では、お経をお腹の底から声を出して唱え朝の冷たい空気に触れたことで、身も心も引き締まったと仰られた参加者様もいらっしゃいました。



そして皆様、下山する頃には大安禅寺の参籠修練での経験が実り多いものであったことをお伝えくださいました。今回の参籠修練を充実した研修にしていたきまして嬉しい限りです。

(職員 加藤)





|2018,11,25, Sunday 04:18 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
11月最後の三連休中日となった本日。お天気にも恵まれ、午前中から多くの方が御来山くださいました。
午前の部の法話コースも催行され、本日は愛知県からの職員旅行の皆様と地元の個人のお客様が参加くださいました。

「お寺の中はやっぱり冷えるね~」
日に日に寒さ厳しくなりますが、和尚様のユーモアのある話に思いっきり笑って 心も体もスッキリ あったまったようでした。

また、今年も残りわずかとなり 当山にて開催しております会も今年最後の回が行われています。
先日は写経と法話の会「洗心会」が行われ、最後ということもあり、多くの方がご参加くださいました。


皆様 一字一字ゆっくり丁寧に筆を進められ、また法話では今年最後ということもあり「時」をテーマにお話されました。
「時間に使われるのではなく、私を使ってその時を楽しむ」 門松の設置とあわせ改めてこの一年を振り返られているようでした。

最後に、今年の会を振り返りながら皆様と精進料理の昼食で歓談。
今年一年、多くの方にご参加いただきまして 誠にありがとうございました。
来年も何卒宜しくお願いいたします。

(事務局 岩佐)



|2018,11,24, Saturday 03:03 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は12月中旬並の気温ということもあり、冷え込みの厳しい一日となりました。
先日より境内では木々の剪定と雪吊りの作業が行われており、冬の訪れが一気に感じられるようにもなりました。


広い境内ですので、順番に作業を進められており 訪れたお客様も興味深そうにご覧になっていました。
雪吊りは木々を雪の重さから守るための雪国独特の作業です。
紅葉の綺麗なお庭の景色からまた雰囲気が変わりますので、ぜひお楽しみ下さい。

また、昨日の門松設置のニュースや新聞をご覧になってお越しくださった方もいらっしゃり、今年も残りわずかと感じると共に 改めてこの一年を振り返得られているようでした。

写真は昨日の写経会に来られた方々とのものです。
年賀状用に撮りに来られる方もいらっしゃいますので、ぜひお立ち寄り下さい。

(事務局 岩佐)


|2018,11,23, Friday 02:58 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

今年も残すところわずかとなり、大安禅寺では恒例の門松が立ちました。



朝早くから庭師の末政様、並びに御檀家様方の御助力もありテキパキと作業が進められ、とても立派な門松を立てていただきました。



 また、本日も冷たい小雨の降る中、当山の法話へ大変多くのお客様がお越しいただきました。今日立てていただいた門松にちなみ、副住職が、一休宗純禅師の残された「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」という詩を引用される場面もあり、その歌の意味が知りたいと前のめりになり法話をお聴きになられている方もいらっしゃられました。

(職員 加藤)



|2018,11,22, Thursday 04:02 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

 冷たい風が吹くと、庭の落ち葉もちらちら降り積もり、冬も本格的に始まる実感が湧いていきます。庭に落ち葉ではなく、六つ花が降り積もるのも、そう遠くないかもしれません。


本堂にて、当山の簡単な歴史をご案内させていただいた後、阿吽亭を背景に記念写真を撮られたり、枯木堂の文殊菩薩様にお経を唱えたりされていました。


はるか遠くの国から当山へお越しいただきありがとうございました。機会がありましたら、またの御来山をお待ちしております。


(職員 加藤)



|2018,11,21, Wednesday 04:42 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... | 214 | 次の10件>>