<<前の10件 | 1 | ... | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... | 193 | 次の10件>>
大安禅寺
今週から徐々に気温も上がり、週末には夏日になりそうとの事。
GWも近づいてきておりますが、皆様 ご旅行の予定はお決まりでしょうか。
初夏の雰囲気をゆっくりと味わう お寺でのひと時も良いですが、大安禅寺ではGW最終日、5月6日(日)にライブが開催されます!
ミュージシャンは、樽木栄一郎氏とパーカッショニスト Kazu。特別ワンマンライブです!


2018.5.6(日)
樽木栄一郎 & KAZU
「OTOASOBI in 大安禅寺」

12:00 OPEN
13:00 1st START
14:30 2nd START

¥3,000(1Drink込)
※二部ともご覧になれます


ドリンクを片手に 演奏を楽しむ ちょっと贅沢な時間はいかがでしょうか。この機会に ぜひ ご参加下さい!
お問い合わせは、大安禅寺まで お気軽に どうぞ。

(事務局 岩佐)


|2018,04,16, Monday 03:52 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

本日は、昨日から続く悪天候の中、英語圏からのお客様方が坐禅体験に御来山くださいました。

現在、副住職は県外へ法務のため、住職自らの寺内案内・坐禅指導となりました。
案内中はお客様方と和やかに身振り手振りを交えながらコミュニケーションをとられて、笑いながらお客様と両手で硬い握手されていたりと笑顔が耐えませんでした。

しかし、いざ坐禅指導が始まると、空気がピンと張りつめ、先ほどまでの住職の雰囲気とは全く違うそれに変わり、これにはお客様も少し緊張されたようでした。

そして坐禅場からの帰り道に、住職が「御成の間」の説明をされた時
「この部屋はお殿様が来られた時に入っていただいた部屋です!」「どなたか入ってみませんか?」と言われると、男女のお客様が貴重な体験だからと手を挙げられました。
お二人はとても満足されているようで、大きく笑っていらっしゃいました。このようなお客様の笑顔を見ると、職員として私も嬉しくなります。

本日は遠いところ、またお足元の悪い中、お参りいただき誠にありがとうございました。
今後も大安禅寺は花菖蒲祭などの催しがたくさんございます。興味がございましたらどうぞお越しくださいませ。

(職員 加藤)




|2018,04,15, Sunday 06:33 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は終日 風の強い一日となり、名残となっていた桜が舞う姿が見られました。
大安禅寺では昨日の夕方からお越しになられた イタリアからの方々の一泊禅寺研修が行われました。
2週間ほどの日本旅行との事で、禅体験は初めての事で皆様興味深々の様子でした。
住職による当山での諸注意事項やスケジュールの確認が行われた後、夕食より研修が始まります。
 

「いただきます」や「ごちそうさま」、そして禅寺での精進料理の食事などの説明もしっかり聞かれ お箸にも挑戦されてました。食事では、特に白和えが好評だったそうです。


初日最後の研修は坐禅。
皆様、今回が初めてだったそうですが 欧米での禅ブームから興味があったようで 姿勢や呼吸法など難しく感じる事も多かったようですが、一生懸命取り組まれていました。


翌朝は早朝より、朝課(読経)と坐禅。
朝の清々しい雰囲気の中 朗々と響く住職の声にゆっくりと耳を傾けておられました。



今回は、「延命十句観音経」の写経にも挑戦。
丁寧に一字一字なぞられ、最後には 家内安全・健康安心・旅行安全などを祈願されました。

最後に寺内拝観。
住職による法要の際の太鼓の実演にや各所に展示されている達磨図、そしてお庭の風景に 特に興味を引かれているようでした。
この後は、大阪・京都を観光されるとの事。楽しい旅行、また当山での一泊が良い思い出になりましたら幸いです。

(事務局 岩佐)




|2018,04,14, Saturday 03:51 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

本日は、豪雪により壊れてしまった開山堂へ続く階段廊下の修復が行われました。
開山堂の階段廊下は、今回の豪雪の重みによって出入り口部分が壊れてしまいました。改めて写真を見直すと、寺内の建物の壊れた様子を見るほど、寂しい気持ちになるものはありません。


そして住職指揮の下、境内・寺内の整備を行いました。花菖蒲祭の開催も約2ヶ月をきり、より一層境内・寺内を整える作業にが力が入ってきました。秋・冬を越えた境内には、大小の枝が落ちていたり、剪定が必要であったり、落ち葉が積もったり、今の時期からは雑草も生えてきたりしています。花菖蒲祭に向けてやっておかなくてはいけないことは山積みです。



よりよい状態で花菖蒲祭を開催し、皆様をお迎えするため境内・寺内の整備作業に全力を尽します。

(職員 加藤)



|2018,04,13, Friday 07:15 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

当山は禅寺ということもあり、坐禅体験にお越しくださるお客様が大変多いです。
その坐禅を組む時間は、線香一本が燃え尽きるまでが一回の坐禅時間となっています。大体40分ぐらいの時間です。
私が坐禅に参加した時も、線香で時間をはかっており坐禅場は良い香りで満たされていました。その時は背筋を正してくれるような香りで、気が引き締まったのを覚えています。

香りによって人間の心がリラックスしたり、引き締められたりということはよく有ることだと思います。美味しそうな料理の匂いを嗅ぐと、心と頬が緩んでしまう経験はどなたにでも有るはずです。
ここ大安禅寺では、せっかくお越しいただいたお客様にリラックスしていただきたいので、オリジナルのお香「大安の香」と「萬松の香」を焚きます。お越しになられたお客様が皆様、「このいい香りのお香は?」と尋ねられる程にご好評頂いております。


「大安の香」は甘く、残り香の余韻を楽しめる香りです。そして、「萬松の香」は甘さの中に渋さのある落ち着いた香りです。
緊張をほぐし、気分をリフレッシュさせる心地よい香りに触れていただくことも、心の掃除に繋がると思います。

(職員 加藤)



|2018,04,12, Thursday 07:42 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今年の2月の大雪被害による本堂大扉や本堂周りの建具の割れたガラスの修繕が 本日行われました。


当山の本堂、庫裡、開基堂、開山堂など古くからの建造物は国指定重要文化財であることから、
雪害の際には、福井県、福井市、文化財建造物保存協会の方々に何度か視察を賜り、今回の雪害被害修復にあたっても行政のご指導の下進められています。

県、市、文建協の方々による視察 
     

市と業者様との打合せ


昨年末も冬を迎える前には、建物の周りは、頑丈な雪囲いと山水を駆使しての融雪設備の設置などできる準備は万端整え冬を迎えたのですが、
このたびの2月の豪雪には思わぬ被害があちこちに発生しました。

屋根雪の落雪による圧雪が建具を損壊


本堂の坐禅場(前側)や西の廊下(後ろ側)を通るたび、このたびの豪雪被害の際にすぐに駆けつけてくださり、応急措置をしてくださった金曜坐禅会の小林様をはじめとする多くの方々のことが頭に浮かびます。

圧迫している雪を取り除き  (屋根雪が 積もった雪と 繋がっているのが見える)




丈夫な合板で外から建具を保護する作業が続けられた


本堂の西側(後ろ側)も、雪囲いの上を乗り越える勢いの雪に さらに丈夫な合板で補強作業


この日(2月10日)の外からの本堂の様子 住職と副住職も連日必死の雪下ろしが続いた


豪雪のさなか 街中の道も除雪してもしても追いつかず自宅から自家用車を出すのも非常に困難な時期、ご自分のところも雪でままならない頃に駆けつけてくださり、
更なる被害を最小限に食いとどめてくださったご厚志に改めて心から感謝申し上げます。

(事務局:大谷)


|2018,04,11, Wednesday 05:37 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日の福井は最低気温5度 最高気温21度 朝の冷え込みとは打って変わって、日中は春らしい過ごしやすい日となりました。
花菖蒲園では、昨日に引続き、世話方様やシルバー人材センターの方々によって、草取りと大雪で破損した竹柵はずしの作業が行われました。
今年の花菖蒲も順調な生育を見せており、手馴れた手つきで草取りが進められていきます。

(草取り前の畝と 草取りを済ませた畝がはっきり分かります)



大雪で破損した竹柵。殆どを新しい竹柵に修繕する必要があるようです。

美しさの面からだけでなく、より安全にお花を見ていただく為に 不可欠な作業です。

また、日勝アドエージェンシー様にお越しいただき、花菖蒲祭に向けた打ち合わせが 行われました。

昨日より 副住職は 約2週間の間 長野県へ本山布教師として春季定期巡教に廻っておられ、住職との打合せとなりました。

今年の花菖蒲祭は、6月2日(土)から6月24日(日)まで開催されます。
生き生き法話や 精進料理に お問い合わせや、御予約の連絡をたくさんいただいております。
また、恒例のお茶会・華展・二胡&ピアノ、tocamos!!、バルーンアートに加え、和太鼓演奏、禅画展など催しも予定されています。
是非、6月には、「初夏の禅寺」を満喫いただければ幸いです。
(事務局:大谷)


|2018,04,10, Tuesday 06:26 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
昨日に引続き、本日も肌寒い一日となりましたが 午後には天気も回復に向かい 午前中からバラ園・花菖蒲園の整備が行われました。

バラ園では奥様をはじめとし、枝の剪定から肥料やり、落ち葉の掃除などの作業が進められていました。


先週の温かさと週末の雨で新芽も一気に成長しているようで、アーチに伸びる枝やツルが青々と広がりっており、今から今後の成長が楽しみです。
また、花菖蒲園では本日よりシルバー人材センターの皆様により 草取りが進められています。


2月の大雪での影響が心配されましたが、こちらも花の苗が順調に成長し始めており 一安心です。

藁や菖蒲の苗の間など、細かいところも手際よく作業を進めていって下さいました。
途中 にわか雨が降り大変な作業となりましたが、誠にありがとうございます。

(事務局 岩佐)


|2018,04,09, Monday 03:20 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
先週の初夏の陽気から一気に10度近く下がり、肌寒い日となりました。
さて、本日は「花祭り」。午前中には本山・妙心寺から遠鉢に来られた雲水様方と一緒にお釈迦様の誕生を祝う法要が執り行われました。


お堂には 雨音の合間に和尚様方の読経の声が響いていおり、一層厳かな雰囲気が感じられました。
副住職のご家族もご一緒にお参りされ、順番に甘茶を「誕生仏」にそそがれてお参り。

これは、お釈迦様がお生まれになった際 9匹の龍が現れて甘露の雨を降り注いだという伝説に基づくものだそうです。
お昼間にお参りに来られたお客様も、「せかっくですので」とひしゃくを持たれ、甘茶をそそいでお参りされていました。

そして、雲水様方は法要後に次のお寺様へ。
まだまだ冷え込む日が続くそうですので、道中お体お気をつけくださいませ。

(事務局 岩佐)


|2018,04,08, Sunday 01:34 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

桜流しの雨が降り、当山の桜も散り始めてしまいました。桜はその散り際の潔さが魅力の一つといわれています。
しかし、私はせっかく綺麗に咲いたのだから、もう少しの間、楽しませて欲しいと思ってしまいます。


そして、本日は岐阜県からのお客様方が副住職の生き生き法話コースに参加されました。
同郷の方での御来山でしたので、とても楽しそうな雰囲気での法話となりました。副住職からの問いかけにも笑顔で応えられたり、ユーモアを交えながら仏法を説明されると、何人もうなづかれている方がいらっしゃいました。


桜の時期は過ぎようとしていますが、大安禅寺には四季それぞれの魅力があり、御来山頂いた方々の笑顔を咲かせます。

(職員 加藤)




|2018,04,07, Saturday 06:04 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... | 193 | 次の10件>>