大安禅寺
昨日11日、重要文化財大安寺建造物の保存修理事業について、現地視察・指導のため、文化庁より文化財調査官の黒坂貴裕氏が御来山下さいました。

午前中は、福井県と福井市の担当者にも立会い頂き、文化財建造物保存技術協会の設計担当の武藤氏、佐藤氏、構造担当の鵜原様より本年度行われた調査工事の内容について黒坂調査官に説明がなされ、細部に至り確認がなされました。





午後には、当山責任役員、藤田氏、蒔田氏、また、大安寺の建造物では30年以上前よりお世話になっている吉岡氏に出席いただき、「保存修理事業会議」が行われました。

会議では、現在の建造物破損状況、今年度行われた調査工事の内容と調査結果説明がなされ、そして、今後の保存修理事業の方針などについて、様々な立場から議論が続きました。

そして、本日は、文化財建造物保存技術協会の佐藤氏が 改めて引き続き、雪が降った厳寒の山寺の中を一日かけて調査していかれました。


(職員:大谷)




|2017,12,12, Tuesday 05:28 PM |
 
大安禅寺