大安禅寺
連日除雪作業が行われていますが、この大雪で国指定重要文化財である建物のいたるところへ甚大な被害が出ています。


降雪により積もった雪と屋根や周囲の木々から落ちてくる雪が外側からお堂全体を圧迫。


本堂まわりでは、雪が木製の扉や窓ガラスを突き破り 応急復旧作業におわれました。
金曜坐禅会会員である大工の小林様や上田工務店の社長様が 養生用の板や工具を持って急遽駆けつけてくださいました。
昨日のホームページはそのときの様子です。
住職・副住職共に連日境内の整備、屋根雪下ろしと対策におわれています。




2メートルほどの雪が積もっており、屋根に近い部分は圧雪状態に。
安全を確保しながら、慎重に作業を行っていきます。



また、落雪する中には屋根瓦が雪に引きずられて落ちている箇所も。そのため、数箇所で雨漏りが始まっています。
今日・明日と再び厳しい寒波、大雪に注意とのことですので まだまだ気を張る日が続きます。
皆様もどうぞお気をつけ下さいませ。

(事務局 岩佐)



|2018,02,11, Sunday 09:16 AM |
 
大安禅寺