大安禅寺
朝晩の寒さはまだ続きますが、日中の日差しはすっかり春の陽気に感じられます。
さて、大安禅寺の地元地区では先日 この時期の風物詩にもなっている托鉢が行われました。


午前8時から総代様と一緒にまわられ、副住職の「ほぉー」という声が響いていました。
毎年行われている事もあり、「寒い中、お疲れ様です」など皆様より暖かいお言葉をいただいたり、地元の子供達がマネをして一緒に歩いたり。

皆様から大変親しまれている伝統、地元地区に支えられているものだと改めて感じられました。
この托鉢は、来る3月21日(水)に執り行われる「涅槃会・春季彼岸会」にてお供えされる「涅槃団子(花団子)」を作るためのものです。


団子作りはすべて手作業で行われ、18日から始まる作業にも力が入ります。

総代様、朝早くから誠にありがとうございました。引き続き、団子作りの際も何卒宜しくお願いいたします。

(事務局 岩佐)


|2018,03,12, Monday 03:57 PM |
 
大安禅寺