大安禅寺

今日は、花菖蒲祭に向けて「家並み」が行われました。
「家並み」とは御檀家様方による奉仕作業のことで、山門から境内全体の整備作業のことです。
朝早くから大変多くの御檀家様方が整備作業にご参加くださいました。


山門から続く階段の清掃であったり、石畳を覆う草刈りなど、作業に参加させていただいたので大変さを身を持って知ることが出来ました。
また御檀家様御一人おひとりが、真剣な表情で作業される姿を近くで見せていただくことでお礼の申し上げようの無い、深い感謝の気持ちが湧き、私の作業する手にも自然と力が入りました。



作業の途中に腰を伸ばし、ふと周囲に目をやるとお互いの疲れを労い合う方々がいらっしゃったり、顔色の悪い方がいないか気を配られている方が居たりと、その様子をなんとなく眺めていたら
ふと、「人はささえ合って生きていく」という言葉が浮かび、胸の辺りが温かくなったのを感じ、充実した気持ちでいっぱいになりました。
本日は御檀家様方におかれましては、「家並み」にご協力いただきまして誠にありがとうございました。

(職員 加藤)






|2018,05,20, Sunday 05:47 PM |
 
大安禅寺