大安禅寺

 花菖蒲祭の最終日、今月24日(日)まで残りわずかになりました。
 この花菖蒲祭の時期、私は法話中の写真撮影を担当していました。そして、撮影しながら気づいたことが一つあります。
それは、法話の語りかけ方です。
お客様方に向け、ゆっくりと話し始め、急に早口になり話の中に引き込んだり、距離を縮めるために不意に話しかけたり、または活気付けるため手を挙げて頂いたりと、その工夫が幾重にも積み重ねられています。





話して伝える行為自体は誰にでも、出来ることと思ってしまいがちですが、基本的なことだからこそ奥が深いのかもしれません。
話の内容を吟味してもらおうとするならば、なおさら難しい事なのだと、法話のカメラマンをすることによって、とっくり身にしみた気がしました。

(職員 加藤)





|2018,06,19, Tuesday 06:17 PM |
 
大安禅寺