大安禅寺
大安禅寺の枯木堂も建立から約25年、経年劣化が目立つ箇所が多くなってきました。そこに追い打ちを掛けるような2年前の大雪。それにより様々な箇所に損傷が出ました。

伽藍自体が大きいと本当に護持するのが大変であることを身を以って感じています。そんな中、とうとう電気系統にも破損が見られ、参拝者の方を迎えるには問題へつながるような影響が出始めたので休寺中を機に修繕となりました。それも1週間かけての大仕事。



連日早朝から業者様が一所懸命作業して下さったおかげで、本日無事に枯木堂並びに客殿おおよその工事を終えました。

今回の工事で私は感動したことがあります。それは工事を請け負って下さった古川電機の息子様の仕事への姿勢です。

古川さんとは、昨年別件で金曜坐禅会副会長である大工の小林様にご紹介頂いたのがご縁の始まりなのですが、何よりも惚れ惚れしてしまうのが電気屋としてだけでなく人としての振る舞い含めた「仕事意気」です。

朝の挨拶に始まり、仕事中も常に施主側の意見や生活観点を第一に考え施工してくださいました。当たり前のことかもしれませんが、その生き届いた心配りには職員、家族心まで光を灯して下さり温められました。

帰りには毎日、現場の掃除に他の職人さんが帰られた後も最後まで残り点検、戸締りと細部にわたるまで丁寧な仕事っぷり。そして何よりも笑顔を絶やさない古川さん。その姿からは自分の仕事への誇りが滲み出ています。またご縁を結びたくなるような職人さんとは古川さんのようなことをいうのでしょう。

他にもまだまだありますが、私はその姿に反省させられる毎日でした。僧侶として私もしっかりせねば‼

さぁ来週から徐々に拝観の受け入れをしていきたいと思います。以前のようにはいきませんが、状況を鑑み最善を尽くし対処していきたいと思います。

と言いつつも、まだまだ園内、境内と整備しなければいけない所は山ほどありますが励みます!

大安禅寺 髙橋玄峰 合掌




|2020,05,15, Friday 06:45 PM |
 
大安禅寺