<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 305 | 次の10件>>
大安禅寺

本日は、児童クラブの皆様がご来山。



子どもたちは今日から夏休みということもあり、坐禅体験にお越しくださいました。
和尚さんに坐禅の仕方を教わり、徐々に子供たちの表情も変わってゆきます。

初めての坐禅に戸惑いながらも、一生懸命に取り組む姿に、有意義な時間を過ごしてくださいました。

その後は、法話に代わって和尚さんの本の読み聞かせが行われました。


ご興味のある方、個人参加での受付も行っております。
お気軽にお問合せ下さい。

(助野)



|2021,07,21, Wednesday 12:48 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

猛暑の中、鐘楼工事では、石垣周りの土を取り除く作業が進んでおります。



前回の調査に引き続き、今回は通路側も掘り進めていきます。



土に埋もれていた石垣部分の色の違いがお分かりいただけます。

新たな発見と本来の姿に、驚きの日々です。

工事の新着状況も掲載していきますので、ぜひ興味を持って頂ければ幸いです。
(助野)



|2021,07,20, Tuesday 03:06 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
梅雨が明けたと喜んでいたら、猛暑が待っていました。暑さになれる間も無く、照り付ける日差しが厳しい。

大安禅寺ではお盆の季節を迎え、市内檀家様の棚経が始まっています。

また来る8月15日に予定しています「盂蘭盆大施餓鬼会」の準備のため総代会を開きました。

コロナウイルスの影響でここ1年以上まともに行事を行えていませんが、縮小しながらも継続して執り行えていること自体、世の中の現状を考えれば有難いことだと実感しています。



それも全て、総代様はじめ御檀家様のご法愛の賜物と感謝の極み、とくに「盂蘭盆会」は亡き人と心通わし、ご先祖様も自分自身も救われる大切な行事です。
コロナ禍にあって、改めてご供養の真意を見つめ直す機会が多くなりました。



供養のもとの言葉は「供給資養(くきゅうしよう)」と書きます。心からお供えをし、自らの資本となる心を養うことです。

妙心寺の管長を務められた山田無文老師はご自著の中で「自分の一生をだれかのために、何かのためにささげて、『よかったなぁ、幸せだなぁ』とわかるような僕が発見されたら、それが本当の『僕』だと思う。」と書かれています。この言葉は、ある日、一人の少年に「本当の自分とは何か?」という質問を受けた時に答えられたものだと記されていました。。
「自分を捧げる」とは、言葉にする以上に実践することは難しいと感じる人のほうが多いかもしれません。とくに自分本位の考えが先行する現代にあっては。

ですが、この言葉は大それた行動を言っているわけではありません。日常で私たちが、普通に行い感じている心境だと思います。

例えば、笑顔で「おはよう」と言えば相手も笑顔で「おはよう」と返してくる。その笑顔に自分自身の心もまた和む。
お盆で言えば、お墓参りに行って、お墓を洗い、香を焚き、手合わせるだけで心がすっきりする。

いずれも、大切なのは自分の心から発信する「主体性」なのです。その行動に大きいも小さいもありません。人や環境のせいにするのではなく、自分の為すべき務めを、先ずは心を込めて為すだけです。

ですが、これだけ世間が騒がしいとなかなか、その素直な自分に気付けないものです。だからこそ、御仏壇やお墓にて静かに手を合わせることは、一旦自分の心と向き合うひと時なのです。そして、そのご縁を御先祖様が作って下さる。毎年毎年、必ずお盆のこの時期に。こんな有難いことはありません。

わが命の尊さに目覚め、その命の繋がりのご縁に感謝し、ご先祖様にたくさんお供えをして、自分の心を養う大事なお盆。

皆様も是非、今年のお盆には大安禅寺へお参りください。

大安禅寺 髙橋玄峰 合掌




|2021,07,19, Monday 09:55 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
連日の真夏日、熱中症にも十分注意しなければいけない時期になりました。
大安禅寺へは、受付開始時間より「千畳敷」へお参りの方が多く来られています。


越前松平家の墓所であり、初代から十一代目までの歴代藩主が祀られています。
全て福井の名石・笏谷石で作られており、墓石の高さが約4メートル、その下には1360枚の石畳が敷き詰められています。


立ち並ぶ姿は圧巻であり、「一度見せたい」と子供さんと一緒に来られる方もいらっしゃいます。
隠れた福井の名跡。歩いて自然を感じながらお参りしてみませんか。

(事務局 岩佐)



|2021,07,18, Sunday 04:19 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日も強い日差しが降りそそぎ厳しい暑さとなりましたが、霊場巡りの巡礼の方々がお参りと精進料理の昼食に立ち寄られました。

読経の後には、当山副住職により当山の案内がされ、和尚様へ質問されている方もいらっしゃり 皆様興味深そうに耳を傾けられていました。
また自由拝観では、普段見ることのできない本堂の解体現場が大変興味深かったとのお声を頂きました。

拝観の後には、精進料理の昼食を。
感染対策の為、黙食・会話の際はマスクの着用とご協力頂きましたが 「とても美味しかったよ!」と楽しんで頂けたようでした。

大安禅寺は、北陸三十三観音霊場の第10番札所となっております。
専用の綴じ込み朱印帳の表紙などもございますので、御希望の方はお気軽にお声掛けくださいませ。

(事務局 岩佐)



|2021,07,17, Saturday 04:37 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
来年に向けて、住職、副住職、斎藤様が花菖蒲の苗植え付けに励んでおられました。

一株ずつ分けながら、等間隔に植えていきます。





来年の見頃を楽しみにされながら、作業をされておられました。
花菖蒲の範囲も広くなり、来年の花盛りが待ち遠しく感じます。

(助野)



|2021,07,16, Friday 04:12 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
志納所の配置が変わりました!



大安禅寺オリジナルのお守りやお香もご用意しております。
拝観頂いた後にゆっくりとご覧いただけます。


住職が一枚一枚直筆で描かれております。
赤い達磨様も描かれており、とても人気です。
ご来山の際は、ぜひ手に取ってご覧ください。

(助野)



|2021,07,14, Wednesday 04:16 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

日差しが強く、夏らしい天候となりました。


庭園にいる金魚を発見。気持ちよさげに群れて泳いでいます。


和尚さんは、一日境内の除草作業に励まれました。



駐車場周りの除草も


爽やかな風と刈られた草の匂いが心地よく感じます。
(助野)



|2021,07,13, Tuesday 02:35 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
大安禅寺の境内は市指定史跡ですので、解体予定の鐘楼石垣並びに周辺の史跡調査が福井市文化財保護課の皆様によって進められています。

現在鐘楼の石垣が見えている部分だけであれば、それほど大型のものでは無い認識でしたが、今回発掘を進めていきますと思った以上に石垣が積まれている状態であることが分かりました。

まだ掘っている最中ですが、この様子からは当時の大安禅寺が山城としての役割も担っていたような要塞の雰囲気があります。

写真だけでは分かり難いですが、もしこの積石が土止めの為に、本堂前の法面まで続いていた場合、参道下から見上げるとまるで山城そのものです。
創建当初の姿がどのようなものだったのか、私一人の勝手な想像が膨らみ浪漫に浸っています。





あと二日ほどの調査ですが、結果が楽しみですね


大安禅寺 髙橋玄峰 合掌



|2021,07,12, Monday 03:35 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
「お香のいい香りがするね」
受付周辺でふっと香る甘いお香の匂いに立ち止まられる方も多くいらっしゃいます。

大安禅寺では、受付・志納所周辺にてオリジナルのお香「大安の香」を焚いています。
強すぎない白檀の甘い香りが特徴のお香で、これからの時期 お墓参りやお仏壇のお線香としてもお使いいただけます。

少し甘さを控えた「萬松の香」もオリジナルのお香としてございます。

どちらもオンラインショップや郵送でも対応しております。
また、お寺では試し焚きもできますので、御希望の方はお気軽にお声掛けくださいませ。

(事務局 岩佐)



|2021,07,11, Sunday 04:55 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 305 | 次の10件>>