<<前の10件 | 1 | ... | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | ... | 227 | 次の10件>>
大安禅寺
今日は朝から新命和尚さんと庭方様で、庭の手入れが行なわれておりました。
いつも大安禅寺の敷地内が綺麗に整備されているのは、見えないところで動いている方々がいらっしゃるからだと感じます。

こちらは萩の木を手入れしているところです。秋の花として有名な萩の木は、根元から切っても、また1年で大きく成長するそうです。


お庭の蓮の花のお手入れ。来年も綺麗な花を咲かせてくれることを願っています。


(職員 小形)


|2013,10,14, Monday 04:32 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は大安禅寺がある田ノ谷地区のお祭でした。朝早くから威勢の良い掛け声がお山の方まで響いておりました。
大安禅寺にも御神輿を担いで田ノ谷地区の方々がたくさんお見えになりました。

今年は子供達が例年より多かった様で、元気な笑い声を響かせていました。田ノ谷のお祭の様子を見て、「良い村は女性と子供が元気」という映画のフレーズを思い出しました。
田ノ谷の優しい大人達に見守られ、子供達はすくすく育っているようです。来年も元気な子供達にお会いできる事を楽しみにしています。

(職員 小形)


今日は祭り後、午後からお隣加賀は山代地区へ法話に行ってきました。今回は山代地区民生児童委員協議会が主催する「こうわ会」に招いて頂きました。元気な人生の先輩方の前で一時間お話をさせてもらいましたが、皆様終始笑顔で耳を傾けて下さり有難い貴重な時間を過ごしました。秋の好時節、毎日私も心晴れやかに元気な法話をしていきたいと思います。

(大安禅寺副住職)


|2013,10,13, Sunday 03:04 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
庫裏の裏に在る用具入れの小屋。築何年ぐらいでしょうか、かなり古い建物であることには間違いないです。この度、補修に補修を重ねてきたその小屋の床を手前で張り替えることにしました。

今日は、世話方さんと二人で作業に取り掛かったのですが、床板を捲ったところ礎石に乗る束も横柱も予想以上の腐食度合でした。これでは床も抜けるはず、本当に危ない状態でした。


当初は、破損部分だけと思っていましたが…結局全部撤去し、処分することにしました。作業を進め、なんとか全て撤去し終えると、どうでしょう最初とは見違える美しさ。来週ここに新しい床を張っていきます。その床貼りも、知り合いの大工さんの指導の下進める予定です。なんでも手前でやれることはした方がいいですよね。本当、勉強になります。

(大安禅寺副住職)


|2013,10,12, Saturday 05:12 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
福井ケーブルTVの歴史ある場所、面白い施設、話題のイベントなど福井の魅力を届ける番組「ふくい散策」に大安禅寺が出ております。

【主な放送時間 月・水・金 AM7:55、PM8:55】

放送時間は5分ですが、ネットの動画配信ではフル動画約10分のものが配信されています。是非ご覧くださいませ。


ふくい散策サイト⇒http://fctv5ch.mitelog.jp/sansaku/

|2013,10,11, Friday 05:06 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
以前より、福井市にお住まいの方から庭の木を大安禅寺に寄贈したいとのお申し出があり、本日松の木の植樹が行われました。想像以上に立派な松の木で当山の住職も大変驚いておられました。
福井市緑化木センター様によるクレーンを使った大掛かりな作業が行われ、無事に松の木が寄贈されました。
松の木を寄贈してくださった方、また作業に携わってくださった方々に厚く御礼申し上げます。



また本日は、お寺の小屋の整備が新命和尚さんと世話方様によって始まりました。
建物は古く傷みは激しいですが、梁などに使われている木材は立派なものであるとおっしゃっておられました。
新しく整備される日が楽しみです。

(職員 小形)


|2013,10,11, Friday 04:23 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
さて秋の観光シーズン、連日多くの人がお越し下さっていますが広報に関して言えば、もう来年のパンフレットを作成しております。と言っても自前で作成しているので、クオリティーには限界があります。(笑)

テーマは「心を味わう旅」です。「禅=心」とはよく言われる文句ですが、昨今の騒がしい世情に悩み、疲れた心を癒す旅。それにはお寺がぴったりです。法話を聞いても好し、精進料理に舌鼓を打つのも好し、坐禅で自分の心の柔軟体操をするのも好し。身近に禅を感じることが出来る福井の名刹大安禅寺、是非遊びにお越し下さい、皆様のご来山お待ちしております。

リーフレットはPDF形式でDL出来ますので、御入り用の方はどうぞホーム下段よりDLしてください。

またエージェント関係の方は事務局へお問い合わせ下されば拝送させて頂きます。

(大安禅寺 副住職)


新リーフ表面


新リーフ裏面


|2013,10,10, Thursday 01:26 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今日は、台風のせいで境内が凄いことになっています。
明日は朝から掃除が大変そう…とほほ。でも境内掃除をしていると、色んな発見が在って心が洗われます。日々アンテナを張って色んなご縁を探すのも面白いものです。

さて、本日の午前中は法話、午後からは住職の秋個展の準備など忙しい一日でした。


今回の個展も墨蹟だけでなく、観音図などの書画もありその作品1つ1つ個性が溢れ、見ているだけで魅了されます。展示レイアウトには、あぁでもない、こーでもないと言いながら、少し時間が掛ってしまいましたが、書院は素晴らしい雰囲気になりました。


現在は額縁のものばかりですが、これから掛け軸も展示致します。12月まで展示予定しておりますので、是非皆様お越し下さいませ。


  

(大安禅寺副住職)


|2013,10,09, Wednesday 05:08 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日も、秋晴れの下、北陸33観音霊場巡りの方や、個人のお客様がたくさんおご参拝下さいました。
清々しい陽気に誘われ、カメラを手に境内を歩いていると、境内下の崖から秋の野草「水引(みずひき)」が目に入ってきました。

「水引」の命名の由来は、贈答品や金封につけられるあの紅白の水引!
花が裏から見ると赤くて、表から見ると白いことから紅白の「祝い」の水引にみたてたということです。
水引の歴史は古く、ら飛鳥時代、聖徳太子の命により隋へ派遣された小野妹子が持ち帰った贈り物に、紅白に染め分けた紐がかけてあったとされていて、それ以来日本国内でも広がったとのこと。

水引がずっと使われてきた背景には、自分の周りの人たちへの 感謝やお祝いの気持ち、そして、慈しみの気持ちを大切にしてきた先人の思いがある様に思います。
野草を見ながら、ふと遠い古に想いを馳せたひとときでした。


左は上から見たもの(花の裏から)           右は下から見たもの(花の表から) 
色の違いが少しわかりますでしょうか?  写真が未熟で申し訳ありません・・・

(職員:大谷)


|2013,10,08, Tuesday 05:49 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
気持ちが良い!!その一言に尽きるような秋の晴天。その陽気に誘われて、今日は個人様のお客さんが多かったですね。

また午前中は法話の団体様もご来山下さいました。日々「出会い触れ合い和みあい」と嬉しいご縁に感謝いたします。


また新たなる企画を思案中です。住職の作品も今月中旬から展示予定ですし、境内の溪仙舎では「貸しギャラリー」を始めようと考えています。

福井の様々な芸術家の皆様に、活躍の場をもっと広げて頂きたいと考えています。一年一年まだまだ大安禅寺は自由自在に変化していきます。皆様も楽しみにしていて下さいね。

(大安禅寺副住職)


|2013,10,07, Monday 05:25 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日は気持ちの良い秋晴れの下、朝は写経、午後からは新命和尚さんのいきいき法話が行なわれました。
写経では静まり返った空間で、ただ静かに筆を動かす皆様の姿を見るだけで心が洗われるようでした。


午後からの法話は、県内からだけでなく長野県、大阪府からもたくさんの方がご来山されました。
新命和尚さんの法話で、今日もたくさんの方の笑顔を見ることができ嬉しく思いました。


(職員 小形)


|2013,10,06, Sunday 04:43 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | ... | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | ... | 227 | 次の10件>>