<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 190 | 次の10件>>
大安禅寺

最近、流行しております御朱印ですが起源には諸説あります。元々は寺社に写経を収めた際の受付印であったとする説が有力だといわれています。
そのため、朱印を「納経印」と呼ぶこともあります。
現在では、参拝記念として集印するようになりました。

そして、本山は「北陸三十三観音霊場」の第十番目の御札所のため、ここで御朱印を初めて受付される方もいらっしゃいます。
そのため、シンプルな御朱印帳、鮮やかな越前和紙で出来たものなどをご用意しております。



大安禅寺にご参拝の際は参詣した証として御朱印を受け、当山との御縁をぜひ深めていただけましたら幸いです。

(職員 加藤)



|2018,05,02, Wednesday 05:38 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

本日、大安禅寺では御詠歌の定期練習が行われました。
御詠歌は、法要会場の空気を清める鈴 (れい) の音に和して吟詠され、その美しい響きは心を鎮めてくれます。
また、様々な法要や、行事の前に歌われるものなので、私にとって大安禅寺の年中行事である「彼岸会」、そして、「盂蘭盆会」で法要前に歌われることから、季節の空気とあいまってかもし出す折々の季節感を感じさせてくれるものでもあります。
今日も、奥様の指導のもと、会員の皆様の美しい御詠歌が、境内に響き渡っていました。





(職員 加藤)




|2018,05,01, Tuesday 12:51 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日も20度を超える 夏日のような一日になりましたが、お寺は比較的 過ごしやすい陽気につつまれ 本日も訪れたお客様はゆっくり過ごされていました。
お客様の中には ご朱印が流行っていることもあり 観光でもご朱印帳を持って来られる方も多くいらっしゃり、また 大安禅寺は北陸三十三観音霊場の10番札所ということもあり この連休には巡礼で来られる方も多くいらっしゃいます。 
そして、大安禅寺ではオリジナルの越前和紙の朱印帳を取り扱っており、この度夏に向けての新しい柄が入りました!

色鮮やかなパステルカラーや華やかな金を使った柄などなど。
すべて手作りで同じ柄はありませんので、御来山の際はぜひお手にとってご覧ください。また、他にも柄がありますので ご希望の際は職員までお気軽にお声かけ下さい!

(事務局 岩佐)


|2018,04,30, Monday 03:05 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
今年のGWは行楽日和な日が続いています。
大安禅寺にも午前中からお客様がお越しくださっており、見頃を迎えたお寺のまわりの青モミジやツツジも楽しまれていました。


また、お庭の景色やお堂を通り抜ける風から感じられる心地良い雰囲気に ゆっくりと過ごされている姿が見られました。

さて、バラ園では連日 バラの消毒や園の整備が進められています。

本日は周りにワイルドストロベリーの苗を植えたり 肥料を調整したりといた作業が行われました。


バラも順調に成長しており、モッコウバラのテラスも天井部分も覆われるほどになってきています。
小休憩場所としても人気がありますので、バラ園を散策の際はぜひ ご利用なさってください。


花菖蒲の成長も順調です!
恒例の花菖蒲祭は6月2日(土)より開催いたしますので、ぜひお誘いあわせの上 お越しください。

(事務局 岩佐)



|2018,04,29, Sunday 02:50 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

先のホームページにて、来年、郷土歴史博物館で催される「大安禅寺の名宝」展のご紹介をしました。
本日は一職員の推薦ですが、大安禅寺の襖絵の一部をご紹介したいと思います。
どの襖絵も大変近くで、江戸時代からの変わらぬ姿を鑑賞していただけるものばかりです。
当山は越前松平家・永代菩提所であり、花菖蒲の寺としても知られておりますが、それだけではありません。





当山は、江戸時代福井のモダンアートの美術館でもあると、言ってもいいのではないかと密かに思っています。
何気なく飾られている襖絵ですが改めて見直すと、どこか引き付ける魅力がある様に感じます。

(職員 加藤)







|2018,04,28, Saturday 05:15 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

来年3月21日(木)より5月6日(月)にかけ、福井市立郷土歴史博物館で「大安禅寺の名宝」春季特別展が開催されることとなりました。
本日は、副住職並びに郷土歴史博物館、関係各位の方々を交えて展示会についての会議が行われました。

そして、郷土歴史博物館の方に当山の宝物の一部をご覧いただきました。



当山は、越前松平家の永代菩提所として建立され、歴代藩主の手厚い保護をうけ、歴史が映り行く中、幸いにも戦災や災害の影響をほとんど受けずに創建当初の姿をそのまま残しています。そのことから、平成20年に本堂をはじめ5棟が重要文化財に指定されました。

また、来年より始まる大安禅寺の大規模修復にあわせて行われます春季特別展で、当山の文化財を通し江戸時代の福井の豊饒な文化を感じていただけたら幸いです。

(職員 加藤)







|2018,04,27, Friday 05:59 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
まもなく今年最初の大型連休。新年度が始まり、早くも1月が経とうとしています。
大安禅寺では、昨日の夕方より地元企業様の新入社員合同参籠修練が行われました。

初めての体験に副住職からの研修内容や諸注意事項の説明の際も どこか緊張された様子。


夕食から始まった修練。
団体行動や正座での食事、音をたてないように気をつけるなど、普段とは違う所に戸惑いも大きく緊張感がさらに感じられました。


食事の後には坐禅。修練の中で一番辛いイメージがあったそうですが、時間一杯 姿勢を正して坐られていました。
また、早朝坐禅と併せて 坐禅体験ではそれぞれ”辛い”という事以外に何か感じることがあったそうです。

作務では全員で協力し合って、使った部屋やお堂の掃除。使い慣れないハタキや箒に苦戦しておられるようでした。

「あなたの”心指し”はなんですか」や「自分という人間」について。改めて考えさせられる事、またこれからの生活の中で大切な事。
これまでの修練のことにも触れての内容に、皆様真剣に聞かれていました。

最後に集合写真の撮影。
今回の研修が皆様にとって良い経験、またなにか得る機会になりましたら幸いです。

(事務局 岩佐)


|2018,04,26, Thursday 03:37 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺

本日は、雨で足元の悪い中、富山県より建築組合の方々が「生き生き法話」コースにご参加くださいました。

お堂が溢れほどに大変多くの方々での参加でした。お堂の中には、熱気と活気が満ちていました。
「どんな話かな?」「面白いって噂らしいよ」「楽しみ~」と皆様「生き生き法話」コースを大変楽しみにされているようでした。
法話中、副住職の質問にもにこやかに応じられたり、反対に副住職に質問されたりと、大変朗らかな雰囲気での法話になりました。

生き生き法話は和やかで、笑顔が絶えないだけではありません。お客様の中には、持参されたノートに法話を書き取られている方々もいらっしゃいました。
職員である私も生き生き法話を拝聴させていただく機会が有ります。
聴いていると自然と頬が緩んだり、お話になられた内容が自分自身が悩み迷っている事柄の解決のヒントになるかもしれないと考え、思わず、うなづいて聞き入ってしまうこともあります。


朗らかに笑ったり、思い悩んでいたことのヒントを気づかせてくれたり、「生き生き法話」には参加された方々の心を動かす力があると思っています。
笑って、驚いて、気付いて、凝り固まってしまった心のリフレッシュにぜひ、大安禅寺にお越しください。

(職員 加藤)









|2018,04,25, Wednesday 07:18 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
昨日、当山に於いて、滋賀北陸教区公職者会が開催されました。
当山住職が、滋賀県、福井県、石川県の教区の宗務所長に就任していることから、当山にて 毎年 年度初めのこの時期に開催されております。

午前中は、会計監査が行われ、午後は、各委員会より昨年度の活動報告 会計報告、そして本年度さらには今後の活動について会議がなされました。

一年に何度かある会議や花園会活動の場は、大切な情報交換の場ともなっておられるようで 活発な意見交換がなされたようです。

また、本日は 昨日に引続き、宝蔵館のガラスの修復がなされました。

今年の雪被害により、雪の重みで正面の展示ガラスが縦に大きくひび割れ、割れたガラスの交換となったのですが、大きな一枚ガラスですので、取り外すのも大変な作業です。

その上、影響は、正面の一枚だけでは済まず、左右のガラスも大きく圧迫を受けているということで、左右のガラスも取り外し、建築大工の方にも作業していただいてのガラス入れの作業となりました。



宝蔵館は、当山が所有する文化財を公開して、少しでも多くの方々に禅文化に触れていただきたいとの思いで、25年ほど前に展示の様式に改修されたものです。
展示が完了した際には、併せて是非ご参拝くださいませ。

(事務局:大谷)



|2018,04,24, Tuesday 04:38 PM |
 
大安禅寺

大安禅寺
本日も日差しが暑く、初夏のような陽気の一日となりましたが、風は涼しく 外作業日和ともなりました。
バラ園では奥様をはじめ 花菖蒲祭に向けての整備が連日進められています。


本日はめくれてしまった防草シートを直したり、古くなった留め具を交換したりと 細かい部分の作業とバラ園の周りに 新しい苗を植える作業をされていました。
バラ園も今年で4年目を迎え、一層華やかな雰囲気になってきています。順調に成長しており、早くも小さな蕾もみられました。


こちらはモッコウバラ。小さな白い花が咲き、テラスの席はお客様からも大変好評です。


クレマチスも苗も年々大きく成長中。写真は今年で3年目を迎えるお花です。
早咲きのためすでに蕾を大きくなっていますが、6月2日から開催される花菖蒲祭期間中も お楽しみ頂けます。
バラ園の周りにあるミントやイチゴ、またバラと対に植えられているクレマチスといったお花とバラとのバランス、新しいバラの植える位置など全体の雰囲気をみながら 毎回奥様自身が考えられて作業を進めていらっしゃいます。御来山の際は ぜひ お花だけでなく全体の雰囲気もお楽しみいただけましたら嬉しい限りです。
(事務局 岩佐)



|2018,04,23, Monday 06:59 PM |
 
大安禅寺

<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 190 | 次の10件>>