大安禅寺
本日 福井市臨海消防署様による特別防火査察が実施されました。

大安禅寺では、1月26日の「文化財防火デー」の頃に、毎年定期防火査察を実施いただいておりますが、
今回は、昨日の世界遺産跡に建てられた沖縄市の首里城火災に対し、特別査察が行なわれました。

〈特別防火査察には地元のテレビ新聞マスコミ関係者も取材に来られました〉

大安禅寺の建造物は、本堂、庫裡、開基堂、開山堂、鐘楼など、創建当初の姿を現在に遺す貴重な文化財で、国の重要文化財に指定されております。
そして、これらの建造物が、国のご指導の下、12年の年月をかけての修復工事が行なわれており、今まで以上に緻密な防火管理が求められています。

文化財を後世に伝えていくその責任の重さ、常日頃の緊張感をもった防火、防災の意識の大切さを 改めて強く感じました。

(職員:大谷)


|2019,11,01, Friday 05:15 PM |
 
大安禅寺