大安禅寺
本日、現場設計監理の文建協大安寺事務所の高木様と藤澤様、福井市文化財保護課の藤川様と朝早くから、現在進行中の修理に関する調査の為、若狭小浜に行ってきました。

※萬徳寺「書院」

大安禅寺の本堂屋根は、資料によると元々「茅葺」と「こけら葺き」による構造ということで同じ文化圏である県内で、同様の茅葺屋根の寺院を参考資料にさせてもらうために今回の調査となりました。市内には残念なことに、同等の建造物は空襲や震災によって焼失してしまっているので、手始めに多くの文化財が現存する小浜から入りました。

※国分寺「釈迦堂」

今日は全てで4件。萬徳寺様の書院、国分寺様の釈迦堂、飯盛寺様の本堂・庫裡、そして少し離れますが名田庄の薬師堂を調査して回りました。実際に屋根裏にも入らせてもらい、大変参考になる調査結果を得られました。

※飯盛寺「本堂」

何よりも各寺院の和尚様皆様には、懇切丁寧に説明とご対応を頂いたことに大変感謝しております。やはり若狭という文化財を多く保有する地域だからか、それらを護持し後世に伝える役割を担っている方々の意識の高さに触れ、感銘を受ける話ばかりでした。


※名田庄「薬師堂」

今回の調査を卑山の修理に活かし、必ず実りあるものになるようにしていきたと思います。

この度、快く調査ご協力くださった御寺院様には心より感謝申し上げます。

大安禅寺 高橋玄峰 合掌



|2020,10,12, Monday 09:45 PM |
 
大安禅寺